ハッピーバレンタインの意味と由来と英語のスペル

お正月が終わり、節分が過ぎたと思ったらあっという間にバレンタインですね。

近年、バレンタインになるとよく「ハッピーバレンタイン」という言葉を耳しますが、この言葉はいったいどんな意味で使われているのか不思議に思ったことはありませんか?なんだかよくわからずに使っている人もいるとかいないとか。

今回はハッピーバレンタインの意味と由来、英語のスペルなどについてご説明します!

スポンサーリンク

ハッピーバレンタインの意味

バレンタインの時期になる「Happy Valentine :ハッピーバレンタイン」という言葉をよく耳にしますね。これをそのまま日本語に直訳すると「しあわせなバレンタイン」となりますが、どう受け取ったらよいんでしょうか。実際の使われ方としては「バレンタイン、おめでとう」という意味で使われていますが、 それでもあまりピンときませんね。

要するにこの「ハッピーバレンタイン」はバレンタインデーの挨拶のようなもので、ハロウィンの時の挨拶の言葉である「ハッピ-ハロウィン」と似たようなものと考えればOKです。
欧米では「ハッピーバレンタイン」だけでなく、さらに「Be my valentine」を追加して「Happy Valentines day.Be my valentine!=バレンタインおめでとう、私(僕)とデートしてよ!」という言葉が交わされるのが一般的なんだそうです。

日本のバレンタインは女性が主体で男性が受身の習慣ですので、さすがにこのような積極的な言葉はあまり聞かないですね。

その他にもバレンタインにおける海外と日本の習慣の違いがありますよ。
日本のバレンタインデーは女性が好きな男性にチョコレートを贈るのが一般的ですが、欧米では贈り物をチョコレートに限定しておらず、愛情を込めたカードや贈り物を男女で交換し合うことが多いんです。男女どちらからも贈るんですね。

また、日本には「義理チョコ」というユニークな習慣が根付いていますが、諸外国ではこのような習慣はありません。義理がたい日本人ならではといったところですね。

最近では「友チョコ」なんていうのもありますね。

スポンサーリンク

ハッピーバレンタインの由来

~ハッピーバレンタインの由来~

スポンサーリンク

3世紀後半のローマ帝国に聖バレンタインというキリスト教の司祭がいたことはご存じでしょうか。聖バレンタインは、時の皇帝クラウディウス二世が強兵策(兵士としての勇猛さを維持させる策)として兵士たちに出した結婚禁止令を出したのに反し、恋人ができた兵士たちをかくまって結婚させていました。これを知ったクラウディウス二世によって聖バレンタインは捕らえられ2月14日に処刑されてしまいます。 聖バレンタインは捕らえられてから獄舎で処刑を待つ間に、看守の娘アステリウスと恋に落ちます。アステリウスは盲目でしたが、聖バレンタインの深い愛情により目が治ったといわれています。そして処刑の時が近づくなか、聖バレンタインはアステリウスにあてた最後の手紙に「あなたのバレンタインより」と書き記しました。 この言葉は今では「Happy Valentine:ハッピーバレンタイン」と形こそ変えましたが、深い愛情を表わす言葉として現代まで受け継がれています。

ハッピーバレンタインの英語のスペルとつづり

バレンタインメッセージカードによく使われる「ハッピーバレンタイン」を英語表記すると“Happy Valentine”となります。日本語にすると「幸せなバレンタインを」という意味になります。
バレンタインメッセージカードに英語で“Happy Valentine”書く際に気を付けたいのはスペルの間違いです。折角の可愛いバレンタインメッセージのスペルが間違っていると微笑ましくはありますが、少しだけ笑える感じになってしまいますので注意しましょうね。

間違えやすいポイントは以下の3か所です。

① Valentineの「
“Valentine”と書くべきところを、「L」と「R」を間違え“Varentine”と書いてしまうミスは意外と多いのではないかと思います。実際、WEBサイトのタイトルやゲーム名にまでこの間違ったスペルが使われているくらいです。

② Valentineの「V
“Valentine”と書くべきところを、「V」と「B」を間違えBalentineと書いてしまうミスも、lとrの間違いと同じくらい多いです。

③ Valentineの「e
“Valentine”と書くべきところを、最後の「e」を忘れValentin と書いてしまうミスも少なからず、ですね。

メッセージカードを書くときは慎重に、ですね!
 

ハッピーバレンタインの意味や英語のスペルのまとめ

「ハッピーバレンタイン」というのは現在では一種の挨拶のような言葉として使われていて、それほどたいそうな意味はないようですが、「ハッピーバレンタイン」とメールが届いたら、「ハッピーバレンタイン」と返しておきましょう。

くれぐれもメッセージカードを書く際はスペルの間違いにご注意を!
素敵なバレンタインデーをお過ごしくださいね。

チョコを手作りする際には▼もどうぞ。

超簡単にチョコを溶かす方法 you tube動画付

トリュフをコーティングする方法とコツ!きれいにデコレーション

トリュフのデコレーションのやり方と可愛いトッピング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする