鏡餅を飾る場所と方角や向き リビングや玄関やトイレに飾る?

鏡餅 

日本では古来よりご祖先様の霊は田や畑や山などの自然に神として宿り、子孫繁栄を見守り自分たちを守ってくれているという思想があります。その神様は新年になると一年の幸せを家々にもたらすために年神様となって、正月の元旦に各家を訪れると考えられています。年神様は「正月様」「歳徳神(としとくじん)」とも呼ばれますが、その年神様が宿るのが鏡餅です。鏡餅を飾る時はどんな場所にどんな大きさのものをどんな向きで飾ればよいのでしょうか?

スポンサーリンク

鏡餅はどこに飾るの?

古来よりお餅には稲の神様が宿っていると考えられており、お餅は神様への供物としてとても神聖な食べ物とされてきました。特に正月に飾る鏡餅は年神様が宿る依り代(よりしろ)であり、しめ縄をはった玄関から家の中にお迎えした年神様は鏡餅をお供えした場所に宿ると考えられています。

日本人は古来より山や田などの自然物のみならず、場所や物などあらゆるものに神が宿ると考える「八百万の神(やおおろずのかみ)」の信仰をもっており、年神様も家の中の様々な場所に「分霊」(ぶんれい)されると考えられています。そのため鏡餅は家の中の最も大切な場所だけではなく、年神様をお迎えしたい複数の場所に飾るのがよいとされています。

基本的には鏡餅を飾る数に制限はなく、神様をお迎えしたい場所であれば全ての部屋に飾っても構いません。飾る鏡餅の数に決まりはないわけですから、もちろん住宅事情などを踏まえて1つだけ飾るということでも大丈夫です。

家の中で最も大切な場所はご先祖様の居場所であるお仏壇や神棚、そして床の間です。これらの場所は家の中の主たる場所になりますから鏡餅を飾るのに最もふさわしい場所とされています。昨今は一軒家でなくマンションやアパートに住む人も多くなり、お仏壇も神棚も床の間もないというご家庭も多いですから、そのようなご家庭では、鏡餅は家族みんなが集うリビングやダイニングに飾ります。

鏡餅は人間が生活する場所よりも一段高い位置に飾るようにします。床の間は普通部屋の一番奥の上座にあたる場所にあり、人間が生活する畳よりも1段高くなっていますが、洋室のリビングにはそのような場所はありません。その場合はダイニングテーブルの上やリビングテーブルの上、サイドボードの上など人間が生活する床よりも高い位置に飾るようにしましょう。

ただし鏡餅は神様の居場所ですから、いくら高い位置であってもテレビの上など騒がしい場所に飾るのは好ましくありません。神様の居場所としてふさわしいような落ち着いた晴れがましい場所に飾るようにしましょう。

寝室や子供部屋、書斎などの仕事部屋もとても大切な場所ですから鏡餅を飾るご家庭も多いです。特に子ども部屋は子どもが勉強をする場所ですから、とても大切な場所の1つと考え、勉強机の上やその近くに飾る家庭が増えています。

このような居間や寝室、子供部屋などには納戸神(なんど神)と呼ばれる神様が宿りますので、1年の家内安全を願い鏡餅を供えるとよいでしょう。

火を扱う台所やキッチンなどには荒神(こうじん)や竈神(かまど神)と言われる「火の神」が宿ります。このような火や食事を扱う場所も神聖な場所ですので、鏡餅を供えるとよいでしょう。キッチンはなかなか鏡餅を飾れる場所が少ないかと思いますので、冷蔵庫の上などに飾る場合もあるかと思いますが、その場合は冷蔵庫の上に直接置くのではなく、三方などを鏡餅を置く台として使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

玄関は家の中で唯一の土足の場所であるため不浄な場所、あるいは玄関が家の中の下座にあたる場所であるなどの理由から、鏡餅は玄関には飾らない、飾ってはいけないという地方や家もあります。しかし、玄関の外に飾るしめ縄にはもともと不浄なものを排除する意味があるため、基本的には古来より注連縄を張った玄関の内側は神様をお迎えするのにふさわしい清浄な場所とされてきました。昔から内玄関には神棚があり鏡餅を飾っていましたし、不浄だと考えられる場所に神様が宿ることでその場所が清められるとの考え方もあります。特に玄関に鏡餅を飾ってはいけないという風習がない地方や家では、玄関の上り口に鏡餅を飾ることは問題ありません。床の間やリビングなどとあわせて玄関にも大きな鏡餅を飾るご家庭は多いです。ただし、玄関には飾ることをタブーとされている地域の場合はその慣習に従うのが穏やかです。

同様にトイレや洗面所やお風呂も不浄な場所であるため、鏡餅を飾らないという考え方がありますが、トイレは厠神(かわや神)といって健康に関する神様や女性のお産に関する神様が宿る大切な場所です。また、洗面所やお風呂などの水場には水神(すいじん)と言われる「水の神」が宿ります。

水は人間の暮らしに欠かすことのできない大切なものであるため、このような水回りの場所に鏡餅を飾ることは決して間違いではありません。水の神様は水による水害から家族を守ってくれる大切な神様でもありますから、鏡餅を供えることは何ら問題ありません。

ただ、衛生面などからトイレ・洗面所・お風呂などの水場に食べ物を飾ることが躊躇されることも多いので、そのような場合は本物のお餅ではなく、プラスチックなど樹脂製の鏡餅やガラス製の置物、紙でできた鏡餅などおしゃれなものをインテリア的にアレンジして飾り、家内安全や健康を祈願する気持ちのしるしだけお供えするということでもよろしいかと思います

鏡餅を飾る場所によって大きさは変えるの?

鏡餅を置く場所と鏡餅の大きさは関係がありません。どの場所にどんなサイズの鏡餅を飾っても構いませんが、やはり家の中で最も大切な場所の1つである床の間や玄関には一番大きな鏡餅を飾るのが一般的です。そうしなければならないというわけではありませんが、仏壇や神棚は物理的なスペースの問題もあり、昨今の住宅事情のもとではあまり大きな鏡餅を飾れないというのが実情です。マンションやアパートなど一軒家でない場合には床の間がないということも多いですから、そういうご家庭ではリビングやダイニングに一番大きな鏡餅を飾るとよいでしょう。

寝室や子ども部屋、仕事部屋、台所、トイレ、洗面所などは部屋の大きさやスペースの広さなどを踏まえて適切な大きさの鏡餅を選んで飾るという形で問題ありません。複数飾る場合も、飾る場所によって大きさを変えなくてはいけないという決まりはありません。

鏡餅を飾る向きや方角は?

鏡餅の場所は以上のように基本的には神様をお迎えしたい場所に適切な大きさの鏡餅を供えるという形で大丈夫ですが、鏡餅を飾る際の向きや方角には決まりがあります。

一般的には風水に基づきその年の「吉方」に飾るのがよいとされています。その年の「吉方」のことを「恵方」と言います。たとえば、鏡餅をリビングやダイニングに飾る場合、できるだけ恵方に近い場所を選び飾るのが好ましいので、飾る場所に選択肢がある場合などはどちらか恵方に近い方角の場所に飾るとよいでしょう。恵方の方角には鏡餅を飾るのにふさわしい場所がないという場合は、必ずしも無理に恵方の方角に飾る必要はありません。あくまでも飾る場所を選べる場合にその年の恵方を基準にして飾る場所を考えるという考え方で差し支えありません。

最近では、現在地や指定した場所を入力すると恵方が地図上に表示される「恵方マピオン」や「恵方コンパス」などのように、その年の恵方を確認できる無料アプリなどもあり、鏡餅を飾る際だけでなく、節分で恵方巻きを食べる際や引っ越しの際など様々な場面で利用されているようです。

なかなかおもしろいアプリですので今年の恵方はどの方角か調べてみても楽しいですよ。

鏡餅を飾る場所のまとめ

鏡餅は家族の安全を見守り幸せをもたらしてくれる神様が宿る大切な場所です。きちんと掃除をして清めた場所に正しい飾り方で鏡餅を供え、新たな年に神様をお迎えしましょう。

どうぞ良い年をお迎えください。

鏡餅のカビ防止方法鏡餅の簡単な割り方と切り方もあわせてどうぞ。

鏡餅の美味しい食べ方はこちらです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする