丸の内イルミネーションのデートプラン最強コース!2017

 丸の内イルミネーション

2017年も東京の冬の風物詩、丸の内イルミネーションの季節が近づいてきましたね。

今回はちょっと大人な雰囲気の丸の内界隈でクリスマスイルミネーションデートを計画しているあたなに最強のデートプランをタイムスケジュール付きでご紹介します!

スポンサーリンク

丸の内イルミネーションの期間や点灯時間、アクセス、混雑状況などの詳細は丸の内イルミネーション2017-2018の場所と期間 |ディズニーとのコラボは?でご紹介しています。

丸の内イルミネーション2017のデートコースのポイント

大切な彼氏とのクリスマスデートですから、彼女はきっととびっきりのオシャレをしてきてくれるはずですね。シャンパンゴールドに包まれた街並みはとてもきれいですが、屋外の寒空ばかり歩きすぎて彼女を疲れさせてしまってはせっかくの楽しいイルミネーションデートも台無しです。

絶対にそんな失敗をしないためには、歩き方や回り方が肝。①「屋外を歩いてイルミネーションを観賞する」②「屋内でクリスマスツリーやイベントを観賞する」③「レストランやカフェで食事やお茶を楽しむ」の3つをうまく良く組み合わせて、「真冬なのに凍えない、足も疲れない、でもおすすめスポットや見どころしっかり押さえている」という3拍子揃った完璧なデートプランを組み立てましょう。

丸の内イルミネーションは1.2㎞の長い街路樹で開催されます。メインの丸の内仲通りだけなら30分程で見られますが、さすがにそれでは寂しい。とは言っても、丸の内線「東京駅」北口近くの「丸の内オアゾ」を出発し、大手町や有楽町も歩いて、丸の内線「東京駅」南口近くの「東京ビルTOKIA」までぐるっと1周する感じでイルミネーションの全部をゆっくり見て回るとなると1時間半~2時間位の所要時間を要しますのでこれも厳しい。

ポイントはイルミネーションの道路を全てを見て回るというのではなく、イベントやおすすめスポットなどを押さえつつ、それらの見どころスポットを移動しがてらイルミネーションの並木道を観賞するというスタイルがベストです。まさしくいいとこどりのデートプランです。

各会場には丸の内イルミネーションのパンフレットが設置してあるはずなので、それを入手するとわかりやすいですが、下記の地図もご参考までにどうぞ。

丸の内イルミネーションの地図

では、最強デートコースのスタートです。

丸の内イルミネーションデートコース|回り方と時間配分

丸の内線「東京駅」南口の改札出口(17:30)

待ち合わせ場所はイルミネーションの最寄り駅である丸の内線「東京駅」南口の改札出口にします。

寒い冬ですから外で待ち合わせは絶対NG。どちらかが少し遅れても凍えないように、まずは駅構内で待ち合わせるのがgood!。改札口を通らないで外に出ることはできませんから、その内側で待ち合わせるのがベスト。ここから出発です!

KITTEのホワイトツリー(17:40)

丸ノ内線「東京駅」南口の改札出口で待ち合わせたら、屋外には出ず、そのまま地下道より直結の「JRタワーKITTE」へgo! 南口の改札出口から徒歩1分です。

丸の内駅地下道の地図

旧東京中央郵便局跡地に誕生したKITTEの1Fには高さ約29mの巨大な吹き抜け空間「アトリウム」がありますが、その中央に高さ約14.5mの屋内日本最大級ホワイトクリスマスツリーが登場します。

KITTEのホワイトツリー

出典:FASSION PRESS

KITTEのホワイトツリー2

出典:OZ mall

まるで雪が降り積もったかのような真っ白なクリスマスツリーは実は本物のモミの木で作られているんですよ このクリスマスツリーに音楽をバックに天井から光の粒が降り注ぐライトアッププログラムは、あたかもクリスマスツリーに本物の雪が舞い降りているかのようなとても幻想的な光景です。1階から見上げる感じで見るのも素敵ですし、吹き抜けになっているので2F以上の通路から見るのもとってもきれいです。美しいクリスマスツリーをバックにまずは写真撮影ですねっ。

最初にこの光景を見るとクリスマスムードも一気に高まり、デートのスタートからテンションが上がります! ▼は2016年のKITTEのホワイトツリー様子。

丸ビルの「Marunouchi Bright Christmas 2017-Blooming Anniversary ~花で彩るクリスマス~」(18:00)

KITTEのホワイトツリーを観賞した後は、KITTEの斜め向かいに建つ丸ビルに移動します。KITTEから徒歩1分です。

2017年は開業15周年を迎えた丸ビルと、10周年を迎えた新丸ビルのアニバーサリーイヤーです!そのアニバーサリーを記念して、「東京ミチテラス2017」が開催されます。今年は「花」をテーマにしたクリスマスイベント『Marunouchi Bright Christmas 2017 -Blooming Anniversary ~花で彩るクリスマス~-』が開催されます。

スポンサーリンク
丸ビルの花のツリー

出典:marunouchi.com

メイン会場である丸ビル1F のマルキューブには、フラワーアーティスト ニコライ・バーグマン氏がデザインとプロデュースを手掛ける約10mを越える壮大な花のクリスマスツリーが登場します。

夜には音と光による幻想的な照明演出によるイベントも企画されており、アニバーサリーイヤーのクリスマスツリーを華やかに彩ります。

開催期間や場所などの詳細は東京ミチテラスと丸の内イルミネーションで盛り上がるクリスマス2017でご紹介しています。

レストラン「CAFE1894」で食事(18:30)

丸ビルのイベントを楽しんだら、そのまま丸ビルの中を抜けて反対側の出口に出ます。そこが丸の内イルミネーションのメイン通りである丸の内仲通りです。そろそろお腹がすいてくる時間なので、丸の内仲通りのイルミネーションを眺めながら予約したレストラン「CAFE1894」へ向かいましょう。

「CAFE1894」は丸の内ブリックスクエアの横に建つ三菱一号美術館に併設しているレストランで、丸の内のグルメなビジネスマンたちの間でも口コミの評判が高いお店です。

丸の内のレストランCAFE1894

丸の内のレストランCAFE1894の内観

歴史を感じさせる赤いレンガの外観と明治の銀行営業室を忠実に再現したアンティーク調の重厚な内館は落ち着きがありデートにぴったり。丸の内はお値段がやや高めのレストランはが多いですが、そんな中でCAFE1894は比較的リーズナブルな価格で美味しいディナーがいただけます。心地よいジャズが流れる店内は街の喧騒とは一転して落ち着いてゆっくり食事ができるとても雰囲気のよいレストランですよ。

丸の内のCAFE1894のパスタ

丸の内のレストランCAFE1894のクレープ

ただし、クリスマスなどのハイシーズンは予約が取りずらくなることがありますので、早めに予約をしておきたいところです。

夜景が美しいレストランでディナーを堪能したいかたは▼をどうぞ。

丸の内の夜景が美しいレストランでディナー 東京大人デートはココ!

丸の内ブリックスクエアのクリスマスツリー(20:30

2時間ほどディナ―を楽しんだら、レストランのすぐお隣に建つ丸の内ブリックスクエアに立ち寄りましょう。丸の内ブリックスクエアにもアニバーサリーイヤーの「花」をモチーフとしたクリスマスツリーやオブジェが展開されていますので、観賞していきましょう。

和田倉噴水公園(20:40)

丸の内ブリックスクエアを出たら、ほろ酔い気分でイルミネーションがきらめくの街路樹をゆっくり歩きながら和田倉噴水公園に向かってください。

和田倉噴水公園は皇室にゆかりのある公園で、普段はそれほど注目を浴びるスポットではありませんが、クリスマスのイルミネーションの時だけは特別です。とっても美しいのです。七色にライトアップされた噴水の色が移り変わる光景は、それはもう幻想的な世界が広がります。

新丸ビルでカフェ(21:1 0)

和田倉噴水公園を見終わったら、ゆっくりと新丸ビルに移動します。新丸ビルは最初の方に行った丸ビルの横(行幸通りを挟む)に建っています。新丸ビルにも「花」をモチーフとしたツリーやオブジェが展開されていますので、立ち寄って見ていきましょう。

その後、新丸ビル内のカフェ「スターバックス」でまったりとお茶をして、楽しかった1日を彼女と振り返ってくださいね。こちらのスタバは9月30日にリニューアルオープンしたばかりの落ち着いた大人の雰囲気のスターバックスなので、丸の内イルミネーションデートの締めくくりにもgood!

丸の内イルミネーションは1.2㎞続く長い一般道のため、渋谷のように人がごったがえすということはありませんが、12月中旬降からは観光客なども増えていき徐々に込み始めます。特に2017 年12 月24 日(日)~12 月28 日(木)は「東京ミチテラス」も開催されますので、例年に増す混雑が予測されます。

混雑情報や交通規制などの詳細は丸の内イルミネーション2017-2018の場所と期間 |ディズニーとのコラボは?、ドライブがてら車で行く場合の駐車場情報などは明日以降の記事でご紹介していてきますので、よろしければご覧ください。

イルミネーションを楽しむための屋外イベントでの万全の寒さ対策もあわせてどうぞ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする