楽天カードならプライオリティパス付帯のプレミアムがお得!

楽天プレミアムカードの写真

現在spgアメックスカードをメインカードとしてヘビーユースしておりますが、この度サブカードとして楽天プレミアムカードに入会しました。魅力いっぱいで大満足のspgアメックスカードですが、一つだけ足りないと感じるものがありまして…。

今回はその「楽天プレミアムカード」の特典などをご紹介します。

スポンサーリンク

※spg amexカードのお得な特典や保障などこちらをどうぞ。 ↓

spgアメックスの無料で付帯されるゴールド会員特典がすごい!

spgアメックスに付帯されるマイル特典がすごい!

spgアメックス入会キャンペーン|無料宿泊特典も!

spgアメックスに付帯の保険と補償が頼もしすぎる!

楽天プレミアムカードの特典はすごいよ!

楽天プレミアムカードは、「楽天ブラックカード(インビテーションが必要)」を除けば楽天カードの中では最高ランクのカードです。年会費は10800円(税込)です。

それなりの年会費が発生するカードですので、もちろん特典も充実しています。その中で、私が特に「利用価値あり」と思う特典は以下の3点です。

1、プライオリティ・パス」に無料で入会できる点。

2、選べる優待サービス」特典の中から、楽天市場コース(毎週火曜日・木曜日楽天市場での買い物時に1%ポイントアップ)を選択できる点。

3、海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険の両方ともが「自動付帯」である点。

通常ゴールド系カードであっても国内旅行傷害保険は「利用付帯」が多い。

今回私が最も重要視したのは、1の「プライリティ・パス」無料特典でした。というより、この特典を得るために入会したといってもいいです。

楽天プレミアムカードに付帯のプライオリティパスとは?

プライオリテパスのロゴ

プライオリティパスとは、会員になることで世界中の空港ラウンジを利用することができ、最高のサービスを受けられるというものです。詳しい特徴は下記のとおりです。

会員になることで、世界1000か所以上の空港ラウンジが利用可能になります。

ラウンジの利用に際しては、航空会社や搭乗クラスを問いませんまた事前予約も必要ありません。

ラウンジ内はドリンク(アルコール類含む)・軽食・新聞・雑誌・Wi-Fiインターネット接続が無料で、一部ラウンジではシャワー設備や仮眠室、スパ・マッサージも利用できます。

楽天プレミアムカードで利用できる空港ラウンジのドリンク類

 プライオリティパスで利用できるラウンジは、カード系ラウンジではなく、航空会社系ラウンジが多いので、非制限エリア(保安検査場に入る前のエリア)ではなく、制限エリア内保安検査を受けた後に入れるエリア)に位置しています。したがって搭乗までゆっくりできますし、飛行機の出発が大幅に遅れる(LCCにはよくありますね。)なんて時も非常に助かります。

スポンサーリンク

ちなみに、単体でプライオリティパスに入会した場合年会費と利用料金は、下記の通り。

♦ スタンダード会員:年会費99米ドル

ラウンジ利用料は、会員・同伴者ともに一回につき27米ドル

♦ スタンダードプラス会員:年会費249米ドル

ラウンジ利用料は、会員は10回まで無料、同伴者は一回につき27米ドル

♦ プレステージ会員:年会費399米ドル

ラウンジ利用料は、会員は回数無制限で無料、同伴者は一回につき27米ドル

今回入会した楽天プレミアムカードはプライオリティパスのプレステージ会員」資格が無料付帯なので、「年会費399米ドル」は発生しません!すごいでしょ。

楽天プレミアムカードの年会費はお得か?

楽天プレミアムカードの年会費は10800円(税込)です。

プライオリティパスプレステージ会員(年会費399米ドル)」の年会費ベースで考えると、すでに元を取るどころか大幅にお得ということになります。

しかし私はもう一歩踏み込んでシビアに考えます。

プライオリティ・パスの年会費ベースではなく、通常であれば発生するラウンジ利用料(27米ドル)ベースでお得か検証してみます。

例えば、1回の海外出張で飛行機は2回(行きと帰り)利用します。各1回ずつラウンジを利用したとして、計54米ドル発生することになります。

2回行けば飛行機の利用は4回となり、各1回ずつラウンジの利用料は計108米ドル発生します。仮に1米ドルあたり108円で換算すると、日本円で11664円です。

したがって、年4回以上、空港ラウンジを利用する予定がある」のであれば、サブカードとして追加保有しても充分に年会費の元は取れると判断しました。さらに楽天市場で定期的に買い物をするので、なおお得ということになります。

今年はあと2回出張の予定があるので、早くも活躍しそうです!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。