ふるさと納税 還元率の高い旅行券や宿泊券や商品券の返礼品がお得!

ふるさと納税は節税効果が大きい魅力的な制度ですから、これを活用しない手はありませんね。ふるさと納税のメリットは大きく次の2つですね。

① 「ふるさと納税」(寄附)を行うことでお礼の品(返礼品)がもらえる。

② お礼の品がもらえるだけでなく、寄附金額から2000円を差し引いた額が翌年の所得税と住民税(地方税)から控除される。

「ふるさと納税」の恩恵を最大限に受けるためには、出来る限り還元率の高い返礼品を選びたいものですが、今回は、ふるさと納税返礼品の中でも特に人気に高い旅行券宿泊券商品券のうち還元率の高い金券をランキング形式でご紹介いたします!

スポンサーリンク

ふるさと納税の還元率が高い旅行券ランキング!

1位 Peach(ピーチ) ポイント


還元率:50%

取扱:ふるなび(お得!納税額の1%がamazonギフトとしてキャッシュバック)

寄付金額:寄付金額は10000円、20000円、30000円などのパターンから選べます。例えば、寄付金額10000円であれば、5000ポイント(5000円相当)がもらえます。

有効期限:発行から180日

ピーチポイントの還元率見直しが検討されている模様です。2018年3月申込分までは従来通り還元率50%ですが、2018年4月以降の申込については還元率30%以下、もしくはピーチポイントの付与自体が廃止となる予定とのことです。お早めに!

2位 JTB トラベルギフト

ふるさと納税でもらえるJTBトラベルギフト
還元率:50%

取扱:ふるぽ

寄付金額:寄付金額は100000円、200000円、300000円などの様々なパターンから選べます。例えば、寄付金額100000円であれば50000円分のJTBトラベルギフトがもらえます。寄付金額の上限はありません。

有効期限:発行から10年

※こちらはとても好条件の返礼品でしたが、2018年1月30日で一旦終了してしまいました。ふるさと納税ポータルサイト「ふるぽ」にTEL確認したところ、「再開するかどうかは未定。再開するかもしれないし、このまま廃止かもしれない。」とのことでした。ぜひとも復活してほしい案件ですね。

昨年は1度終了して、また再開しましたので、今年もまた再開する可能性もあるかもしれませんから、今後も注意して見ていきます。

ちなみに、私は1月中に寄付をしましたところ、JTBトラベルギフト券に▼の「うなぎ2本」が付いてきました。とてもラッキーでした。やはり初動が大事な模様です。

ふるさと納税でもらったうなぎ2本

ふるさと納税の還元率が高い宿泊券ランキング!

1位 嬉野温泉宿泊券ペア1泊2食(竹コース)

ふるさと納税で行ける嬉野温泉
還元率:50%以上

取扱:さとふる

寄付金額:寄付金60000円につき1泊2食ペア宿泊券(竹コース)がもらえます。寄付金額の上限はありません

有効期限:発行より1年間

利用可能ホテルの一つである「ハミルトン宇礼志野」に泊まったことありますが、非常に居心地の良いホテルでしたよ。ディナーのイタリアンがすごく上品な味でとても美味しかったです。大好きなワインを飲みながら休日を満喫することができました。かなりおすすめです!

この宿泊券で利用可能なホテル&旅館の通常料金は、1泊2食付きプラン(2名分)で約3万円からですから、50%ほどの還元率でしょうか。

【利用可能ホテル&旅館】
ハミルトン宇礼志野、ホテル桜、和多屋別荘、大村屋、千湯樓、光陽閣、嬉泉館、和楽園、高砂、初音荘、ひさご、華翠苑、松園、紅舎宮、グランド鳳陽、清流、鯉登苑、悠然の宿東海、湯快リゾート嬉野館

スポンサーリンク

2位 ヒルトン小田原 ヒルトン・スーペリアツイン ペア宿泊券(朝・夕食付き)


還元率:約35%~50%以上(予約日程により変動)

取扱:楽天ふるさと納税(お得!納税額の1%ポイント還元)

寄付金額:寄付金100000円につきヒルトン小田原 ヒルトン・スーペリアツイン1泊2食ペア宿泊券がもらえます。寄付金額の上限はありません。

有効期限:宿泊券発行より3ヶ月間

ふるさと納税で外資系5つ星ホテルが泊まれる魅力的な返礼品です。
土曜・祝前日は利用不可ですが、ゴールデンウィーク・夏休み期間・年末年始などは空室さえあれば利用可能です。
平日に利用すれば還元率は35%程度に留まるものの、ハイシーズンや金曜日のチェックインであればその還元率は50%以上に達するとてもお得な宿泊券です。しかもうれしい朝夕2食付。夕食もブッフェですが、外資系ホテルのディナーブッフェは総じて豪華(にぎりずしや天ぷらも登場!)ですので、このプランすごく楽しそうです。

ふるさと納税の還元率が高い商品券ランキング!

1位 サーティワン アイスクリーム商品券

ふるさと納税返礼品サーティワン商品券
還元率:40%

取扱:ふるなび(お得!納税額の1%がamazonギフトとしてキャッシュバック)

寄付金額:寄付金10000円につき4000円分のサーティワンアイスクリーム商品券がもらえます。寄付金額に上限はありません。

有効期限:なし

2位 リンガーハットグル―プ共通商品券


還元率:40%

取扱:ふるなび(お得!納税額の1%がamazonギフトとしてキャッシュバック)

寄付金額:寄付金10000円につき4000円分のリンガーハットグループ共通商品券がもらえます。寄付金額に上限はありません。

有効期限:なし

「リンガーハット」以外に「浜勝」でも利用できます。

3位 「レストラン モナリザ」お食事券


還元率:50%以上

取扱:楽天ふるさと納税(お得!納税額の1%ポイント還元)

寄付金額:寄付金¥30000につきディナーコース(A)ペア食事券が一枚もらえます。寄付金額の上限はありません。

有効期限:発行日から約6か月間

この食事券で提供してもらえるのは「ディナーコース A」+グラスシャンパンカクテル(税・サービス料込)という充実のコースです。「ディナーコース A」は通常価格¥7398(税込・サービス料別)ですので、かなりお得に設定された食事券です。

総料理長の河野氏は凄腕ですよ。フランス修業時代はあのジョエル・ロブションの弟子として従事しておられた方です。90年にフランスから帰国後、広尾「レストランひらまつ」のシェフを経て、93年に恵比寿「タイユバン・ロブション」初代日本人シェフを務め、97年に独立されました。

人気の返礼品は、早期に品切れになる可能性が高いです。また還元率の高い返礼品は今後、条件改悪&廃止の恐れがあります。

ふるさと納税で得するポイントは、
① 気に入った返礼品があったら、早めに申し込み!

② 期間限定で高還元返礼品が出てきたりする時があるので、マメにチェック!(実際2017年の11月あたりに、日本旅行の商品券が50%還元で出てました。有効期限がない上におつりは現金で出るという優れた商品券でしたが、わずか一か月で姿を消してしまいました。)

③ 寄附は、年収に応じた控除上限額(限度額)を超えない範囲で行う!詳しくはふるさと納税の仕組みと控除限度額の目安をわかりやすく説明!でご紹介しています。

今後もお得な金券がでましたら更新していきますので、よろしければチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ