丸の内の夜景が美しいレストランでディナー 東京大人デートはココ!

丸の内のレストランから見える夜景

出典:sens&saveurs公式HP

丸の内は東京駅の夜景や丸の内イルミネーションが美しいことで有名ですが、丸の内にはそんな美しい東京の夜景を見ながら上質なディナーが味わえるとっておきのレストランがたくさんあります。せっかくのデートなら上質な大人の街東京丸の内できれいな夜景を見ながら本格ディナーを楽しみたいですね。

スポンサーリンク

丸の内や東京駅の夜景が見えるおすすめレストラン

夜景が美しい丸の内のレストラン
今回はイルミネーションきらめく丸の内にある「夜景が美しい丸の内のレストラン」を管理人の独断と偏見でご紹介しますね!本物を知る大人をも満足させる上質な厳選レストランたちです。

丸の内は東京駅の夜景が有名ですが、特にイルミネーション点灯期間はイルミネーションの光も加わり美しさも倍増ですので、丸の内イルミネーションクリスマスイブデートなど特別な日にぴったりです。いずれも丸の内ビジネスマンや丸の内OLにも人気のある口コミ評価の高いレストランたちです。

丸の内イルミネーション2017については▼をどうぞ。

丸の内イルミネーション2017-2018の場所と期間 |ディズニーとのコラボは?

東京ミチテラスと丸の内イルミネーションで盛り上がるクリスマス2017

 

ANTICA OSTERIA DEL PONTE TOKYO(アンティカ オステリア デル ポンテ東京)〈イタリアン〉

アンティカ オステリア デル ポンテ東京から見える夜景

「アンティカ オステリア デル ポンテ東京」は丸の内仲通りに位置する丸の内ビルの最高層36階という最高のロケーションに位置するイタリアンレストランです。15年前に丸ビル開業と同時にオープンしたイタリア三ツ星レストランの東京支店。

アンティカ オステリア デル ポンテ東京の魚料理

眼下には東京駅、左右にはグランドトウキョウのノースタワーとサウスタワー、その真中を抜けた視界にベイエリアまで見渡せる広大な夜景が広がります。そんな贅沢な夜景を独占できる店内には個室もあり、個室の天井にはベネチアグラスのシャンデリアやイタリア貴族の館で使用されていた暖炉があります。特別な空間で贅沢な時間を過ごしたい人にぜひおすすめしたい名店です。

♦予算:10,000円~20,000円

♦個室:あり

♦ランチ:11:30~LO14:00(土日祝LO14:30)

♦ディナー:17:30~LO21:00(日祝LO20:30)

♦参考サイト

一休.com アンティカ オステリア デル ポンテ東京

食べログ アンティカ オステリア デル ポンテ東京

 

オザミ・トーキョー〈フレンチ〉

オザミトーキョーの店内

「オザミトーキョー」は丸の内ビル35階にあるスマートカジュアルなフレンチレストランです。

15000本のワインを常備しており、自然派ワインも豊富に取り揃えています。一般的にはボトルでしかいただくことができないような上質なランクのワインが1杯からグラスでいただけるのでとっても満足度が高くお得感も味わえます。確かグラスワインの種類だけでも400種類位はあったと思います。ラインナップにもこだわりが垣間見えます。さすが丸の内です!

店内はそれほど格式張らずに寛げるカジュアルな雰囲気ながらも洗練された大人の社交場のイメージはしっかりキープ。もちろんお味は本物、本格的なフレンチでさすが大人の丸の内と思わされる味です。量も男性が満足出来るくらい十分で、お値段を上回るお料理とワインを見ながら抜群に美しい東京の夜景を堪能できます。かなりおすすめです。

♦予算:7,000円~15,000円

♦個室:あり

♦ランチ:11:00~LO14:30

♦ディナー:17:30~LO21:30

♦参考サイト

一休.com オザミ・トーキョー

食べログ オザミ・トーキョー

 

暗闇坂宮下〈和食〉

暗闇坂宮下の店内

出典:一休

暗闇坂宮下は同じく丸ビルの最高層36階にある日本料理のお店です。本格的で繊細な和食を味わえる大人のためのお店ですが、決して伝統的な日本料理に固執することなく、各地方の郷土料理を取り入れながら常に新しいスタイルの料理を模索している勢いのあるお店です。

店内のコンセプトは月明かりに照らされる森をイメージした「月下の森」なんだそうで、カウンター席やテーブル席の他、個室もあります。

♦予算:10,000円~15,000円

♦個室:あり

♦ランチ:11:00~LO14:00(土日祝LO14:30)

♦ディナー:17:00~LO21:00(日祝LO20:00)

♦参考サイト

一休.com 暗闇坂宮下

食べログ 暗闇坂宮下

 

BREEZE OF TOKYOブリーズ・オブ・トウキョウ)〈フレンチ〉

ブリーズ・オブ・トウキョウから見える夜景

スポンサーリンク

「ブリーズ・オブ・トウキョウ」は丸ビルの最上階の36階という最高のローケーションにあるフレンチレストランです。8月中旬にアラカルトでもコースでも楽しめる「フレンチグリル&バー」としてリニューアルオープンしました。

コースのメインは厳選された和牛を絶妙に火入れしたグリル。しっかりと熟成されたお肉は驚くほどジュ―シーです。どのお皿も芸術的なセンスが光る絵画のような美しい料理ばかりで目が釘付けになります。上質なワインやクラフトカクテル・クラフトビールなどにも合うフランス料理は本物のわかる大人にこそ味わってほしい逸品です。

BREES OF TOKYOのワインセラー

丸の内屈指の絶景を誇る大パノラマからは高速道路や東京タワー・スカイツリーなどが一望できます。席はセミプライベートエリアやソファー席、テーブル席・シックなバーカウンターなどがあり、どの席からも美しい夜景を堪能できますので、特別な日の勝負ディナーにおすすめです。

♦予算:10,000円~15,000円

♦個室:なし

♦ランチ:11:00~LO14:30

♦ディナー:18:00(土日祝は17:00)~LO23:00(コースのOL21:00)

♦参考サイト

OZ mall ブリーズ・オブ・トウキョウ

一休.com ブリーズ・オブ・トウキョウ

 

マンゴツリー東京〈タイ料理〉

マンゴツリー東京の入り口

マンゴツリー東京は丸ビル内の35階にある本格タイ料理のお店です。バンコク・ロンドン・東京丸の内の3都市が拠点となっているタイ料理のレストランで、東京丸の内店は日本上陸15周年を記念して2017年7月に全面リニューアルオープンしました。

本場の伝統的なタイ料理が味わえるレストランとしてタイ国商務省から「タイ・セレクト・プレミアム」にも認定されている名店です(日本で認定されているのは5店舗のみ)。

マンゴツリー東京の店内

モダンに生まれ変わったマンゴツリー東京のパノラマからは眼下に光を放つ東京駅のホーム、目線の先には東京タワー・レインボーブリッジ・スカイツリーなどが広がります。洗練されたアジアンテイストな空間はとてもほっとする落ち着く雰囲気で、微笑みのおもてなしとダイナミックな夜景と厳選された食材で創られた特別なディナーは大人のデートにぴったり。(・・・女子会もよくやってますけどね。)価格も丸の内にしてはお値打ちなのもうれしいです。

♦予算:7,000円~12,000円

♦個室:あり

♦ランチ:11:00~LO14:30

♦ディナー:17:00~LO20:00

♦参考サイト

食べログ マンゴツリー東京

一休.com マンゴツリー東京

 

sens&saveurs(サンス・エ・サヴール)〈フレンチ〉

sena&saveursの店内

サンス・エ・サヴールは丸ビルの35階にあるひらまつ系のフレンチレストランです。南仏モンペリエで20年以上にわたりミシュランの星を獲得し続けるレストラン「ル・ジャルダン・デ・サンス」の日本店です。

全国の厳選された素材だけが使用され、こだわり抜かれた数々の技法により生み出される料理たちは芸術的な美しさ。常に進化を見据えて創作される美食たちに思わず唸ってしまう。味に深みと安定感があるまさしく大人のための上質なお料理たちです。

sens&saveursの魚介料理

抜栓料3,000円でワインの持ち込みもOK!持ち込みのワインは1カ月前から店内のセラーで大切に保管しておいてくれますから、特別な日にとっておきのワインを持ち込みお店で飲みたいという人にもgood!

sens&saveursの個室

広々とした店内の大きな窓からは東京タワー・お台場・銀座・新宿の高層ビル群などどこまでも続くダイナミックな眺望が見られますよ。クリスマスイブデートにぴったりのお店です!

♦予算:10,000円~15,000円

♦個室:あり

♦ランチ:11:00~LO13:30

♦ディナー:17:30~LO20:30

♦参考サイト

食べログ サンス・エ・サヴール

夜景が美しい丸ビルのレストランディナーのまとめ

今回ご紹介した夜景が美しいレストランはくしくも全て丸ビル内のお店でした。丸の内のシンボルタワーにはやはり名店が集まるものですね。クリスマス誕生日プロポーズなど特別な日にはちょっと背伸びをして、上質な大人の空間で絶品グルメを味わいながら特別なデートをぜひどうぞ♡

丸の内イルミネーションのデートプラン最強コース!2017はこちらからどうぞ。

イルミネーションを楽しむための究極の防寒対策については▼をどうぞ。

寒さ対策 腰回りを暖めオシャレに響かない防寒対策で全身を温める!

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする