MUFGプラチナカードは保険が充実!プラチナコンシェルジュも強い味方!

海外旅行必携!保険充実のMUFGプラチナカード

MUFGプラチナアメックスカードは、「プライオリティパス」や「プラチナグルメセレクション」をはじめとするお得で魅力的な特典が特徴のカードですが、この他に海外旅行や国内旅行の際に自動付帯してくる保険がかなり手厚いという特徴があります。

出張や旅行に出掛ける際は、旅行保険に加入するか、カード付帯の旅行保険を使うかのどちらかになると思いますが、問題はその補償内容ですね。

特に海外は日本と違い、病気や怪我などで病院にかかると、驚くほど高額な治療費や医療費や入院費用を請求されたりします。

もしもの時にあらゆる事態に対応できる補償内容でなければいけませんね。

さらに、自分自身が旅行先で賠償責任を負わなければならないような事態(ホテルの調度品壊しちゃったりとか)に遭遇してしまった場合の賠償責任が付帯していたり、携行品に損害を被った場合(自分で持って行ったカメラを壊しちゃったりとか)にも携行品損害が受けられるなど、かなり充実した補償内容が自動付帯しています。

今回は、MUFGプラチナカードに付帯している保険の内容を詳細に丸っとご紹介するとともに、もしもの時の強い味方になってくれるコンシェルジェサービスについてもご案内いたします。

スポンサーリンク

MUFGプラチナアメックスは特典が充実!まずは保険以外を確認!

mufgプラチナの特典詳細

特典盛りだくさんのMUFGプラチナカード

「年会費のわりに会員特典の充実度がすごい!」ということでジワジワと人気が上昇中ですが、まずは代表的な特典を確認しましょう。

主な特典コチラ▼

■プラチナコンシェルジュ

プラチナグルメセレクション

プライオリティパス(海外空港ラウンジサービス)

■国内空港ラウンジサービス

■海外・国内旅行傷害保険

■Relux for Platinum

・・・etc. ➤詳細・お申込はコチラ

その中から、今回は「旅行保険」特典に注目してみました。
さすがはプラチナカードというべき、手厚い保障内容ですよ。

MUFGプラチナカードは保険が手厚い!

MUFGプラチナカードなら海外旅行保険が自動付帯

プラチナ&ゴールドカードは各種補償が充実していることで有名ですが、このMUFGプラチナアメックスにも非常に手厚い海外旅行保険が付帯しています。
しかも基本的にはカードを持っているだけでOKな「自動付帯」。海外旅行がスタートしたと同時に効力を発揮するタイプです。

【海外旅行傷害保険】

補償内容 保険金額(限度額)
本会員・家族カード会員 家族特約対象者(※2)
傷害による死亡・後遺障害 最高 ¥5000万 最高 ¥1000万
最高 ¥1億(※1 利用条件)
治療費用(傷害) ¥200万 限度
治療費用(疾病) ¥200万 限度
賠償責任 ¥3000万 限度
携行品損害(免責¥3000) 1旅行につき¥50万 限度

年間 ¥100万 限度

救援者費用 ¥200万 限度

※1 利用条件:日本を出国する前に「搭乗する公共交通乗用具(飛行機・電車・バスなど)」または「参加する募集型企画旅行(パッケージツアー等)」の費用をMUFGプラチナアメックスで支払った場合。
※2 家族特約対象者:以下の範囲の家族を指します。
・本会員の配偶者
・本会員と生計を共にする同居の両親及び義両親(但し無収入であること)
・本会員と生計を共にする未婚の子(但し無収入であること)

死亡・後遺障害の補償の手厚さに目を奪われがちですが、海外旅行保険で重要なのは「治療費用(傷害&疾病):¥200万」
たま~に、年会費そこそこ高いのにコレが付いてないクレジットカードありますので、ご注意を。

海外旅行中に命を落とすケースは稀でしょうが、ケガや病気になることは“全然”珍しくありません。

事実、私管理人も過去2回「胃腸炎」と「アメーバによる急性腸炎」で入院したことがありますので…。1回目は中国、2度目はインドネシア。どちらも2泊~3泊の入院を強いられましたが、医療費は数十万円かかりました。

なお「治療費用」は他のクレジットカード付帯分との「合算補償可」です。

複数枚クレジットカードをお持ちの場合は、さらに手厚い補償(¥200万+α)の下で安心して旅行を楽しむことができます。➤詳細・お申込はコチラ

例:MUFGプラチナアメックスとSPGアメックスを保有。

★死亡・後遺障害に。➤MUFGプラチナかSPGの、高い方の補償が適用。

★ケガで緊急手術。費用は¥300万。➤MUFGプラチナの治療補償(最高¥200万)とSPGの治療補償(最高¥200万)の双方が適用され、自己負担は¥0。

スポンサーリンク

MUFGプラチナカードは国内旅行保険も自動付帯

MUFGプラチナカードには国内旅行傷害保険も付帯しております。
「入院日額¥5000」と補償内容も手厚い上に、こちらもカードを持っているだけでOKな「自動付帯」。旅行開始と同時に効力を発揮します。

【国内旅行傷害保険】

補償内容 保険金額
本会員・家族カード会員 家族特約対象者
傷害による死亡・後遺障害 最高 ¥5000万 最高 ¥1000万
傷害による入院 日額 ¥5000
傷害による手術 ¥5000×(10~40倍)
傷害による通院 日額 ¥2000

国内旅行保険で注目は、「通院補償」が付いているところ。
確かに「ケガで入院」って、相当な大ケガの時ですから、多くの場合「通院治療」が一般的ですよね。(例:縫合した傷口が化膿。傷口処置のため約40日間通院。費用は¥1300/日。)

見た目の補償よりも実を重視した、顧客の立場に立って組まれた優れた保障内容であるという印象です。➤詳細・お申込はコチラ

ただし、この国内旅行保険が適用されるのは「傷害」のみ。「疾病」は適用外です。この点はご留意ください。

MUFGプラチナコンシェルジュ もしもの時の強い味方

MUFGプラチナアメックス

MUFGプラチナカード付帯の「プラチナコンシェルジュ」では以下のサービスが受けられます。

【支援サービス】

・海外トラベルアシスタンス

・医療アシスタンス

・緊急アシスタンス

【コンシェルジュサービス】

・ライフスタイルサービス

・ビジネスサービス

普段の生活で身近なのは、ミュージカルやスポーツ観戦チケットの予約&手配や、ギフトの相談&手配などを行ってくれる「ライフスタイルサービス」。
とても便利なサービスです。

でも、プラチナコンシェルジュの本当の力が発揮されるのは【支援サービス】
海外旅行時の緊急事態をサポートしてくれるサービスです。
主なサポートは、「海外でケガや病気になった時の病院の紹介etc.」ですが、個々の容体に応じて以下の措置を講じてくれます。

■最寄りの病院へ入院する必要がある場合や、現在入院中の病院から、より設備の整った医療施設・専門医のいる病院へ転院する必要があると判断される場合、容体に応じて移送。

移送手段は、「鉄道」「救急車」「定期航空機」「医療設備付小型飛行機」がラインナップ。

なお、移送の決定判断・移送先及び移送手段の選定・移送手続きについては、プラチナコンシェルジュの医療チームが責任を持って行ってくれる。

■必要に応じ、現地に医師を派遣。

■自宅への移送の手配

■救援者の渡航手続きサポート

■治療費・輸送費等の立替払い

以上の極めて手厚い支援・アドバイスが、保険金の支払限度額までは自己負担なしで受けられます。(※但し、保険金額を超過する場合の“超過分”については自分で支払う必要があります。)

海外旅行中に緊急事態なんて、正直、稀だと思いますが、旅先で体調を崩すなどは決して珍しいことではありませんね。

そんな時の医療費は本当に高額です。備えあれば憂いなしですね。

その他にも、例えば、心筋梗塞や脳梗塞なんかは突然襲ってきますしね。
海外旅行の際は、手厚い保障とサポートが付いたクレジットカードをお持ちいただくことをおすすめ致します。

三菱UFJニコスカード

本会員

家族カード会員

MUFGプラチナアメックス カード年会費

\20000(税別)

1枚無料。2枚目以降、\3000(税別)
➤詳細・お申込はコチラ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ