ウォーターマーク|写真に透かし文字を入れる無料アプリ|Windows対応!

写真に透かしを入れるウォーターマークを設定中のパソコン

Windowsに対応した「写真に透かし文字を入れる加工アプリ」をご紹介します。

ブログ用の写真に「透かし文字」?みたいなものを入れたいなと思いいろいろ検索。「透かしみたいなもの」=「ウォーターマーク」というんですね。名前も知らなかった。。。

今度は「ウォーターマーク」で検索してみる。するといろんな写真加工アプリが紹介されていたので、いくつかダウンロードして試してみました。ブログはパソコンで書いているので、写真の加工もパソコンでできることが大前提、しかもWindowsに対応していることは絶対でしたが、非常に使いにくかったり、そもそもWindowsに対応してなかったりと、なかなか一筋縄ではいきませんでした。

でも、ありましたよっ!Windowsに対応してて、使いやすいアプリ。

スポンサーリンク

今回ご紹介するアプリの優れているところは下記の4点です。

♦JPGやPNG、TIFFなど、500種類以上の画像ファイル形式に対応している点。

♦異なるファイル形式の画像でも一括で変換できる点。

♦画像の切り抜きやテキスト入力、ウォーターマーク(半透明のロゴ)の追加などオプション機能が充実している点。

♦Windowsに対応している点。

一枚一枚手動でウォーターマークを入れていく必要がないのは、非常に便利です。大幅に加工時間が短縮できて、とても助かります。

ブログなどで使う写真にウォーターマーク(透かし)を入れる方法

では早速、写真にウォーターマークを入れる手順をご説明します。

今回使用するのは、「XnConvert」というアプリです。

手順①

まず「XnConvert 」をダウンロードしてください。

後で作業しやすいので、「デスクトップ」に保存することをお勧めします。

手順②

デスクトップに保存した「Xn convert」を起動させる。

ウォーターマークを入れるために開いたパソコンデスクトップ画面

スポンサーリンク

手順③

画面左下の「ファイルの追加」をクリック。

ウォーターマークを入れるために開いたxn convertのファイル

手順④

加工したい写真を選びます。

ファイル中の加工したい写真画像を選択し、Xn convertの空欄にドラッグ&ドロップします。

ウォーターマークを入れるために開いたXn convertに加工したい画像を張り付けるところ

手順⑤

写真を移動させたら、左上の「動作」をクリック。

Xn convertの動作をクリックする画面

手順⑥

「動作を追加」をクリック。「画像」を選択し、「テキスト」をクリック。

xn convertで「画像」を選択し「テキスト」をクリックする画面

手順⑦

テキストの欄に、ウォーターマークとして入れたい文字や記号を入力。ここでは例として、「tukaerune」と入れてみます。

写真にウォーターマークを入れる所

手順⑧

すると、下記のように右のプレヴュー画面に、文字入りの加工された写真が表示されます。

テキストの配置調整は「位置」で行います。好みの位置を選択します。(ここでは「中央」を選んでいます。)タテヨコの微調整は「X幅」「Y幅」で行います。「X幅」はヨコ位置、「Y幅」はタテ位置を表します。

ウォーターマークテキストの配置調整画面

手順⑨

フォントの調整は「テキスト」をクリック。

ウォーターマークのフォントの配置調整画面

ここではフォントの種類やサイズが選べるほか、最も重要な、ウォーターマークの透け具合と色の調整ができます。「不透明度」の数値は小さくなるほど透明度が高く、数値が大きくなるほど透明度は低くなります。

例;(色:ホワイト、不透明度:100)の場合。

ウォーターマークの透明度の調整画面1

例;(色:ホワイト、不透明度:30)の場合。

ウォーターマークの透明度の調整画面2

手順⑩

完成したら右下の「変換」をクリック。

xn convert変換ボタンをクリックする画面

これで選択した写真すべてにウォーターマークが入ったはずです

「Xn convert」を閉じて、改めて元の画像のファイルを開いて確認します。写真の入っていたフォルダー内には、元の画像とは別に、ウォーターマーク入りの画像が追加されているはずです。追加された画像の名前は「元の名前result~」になります。

ウォーターマークの入った画像例

こんなに簡単に、素早く、完成度の高いウォーターマークを入れることができました。

使えるでしょ!

以上っ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする