タイマー設定でシャットダウン!Windowsパソコンの電源オフ!

PCで作業をしていて知らぬ間に寝てしまっていた、またはパソコンで音楽を聴きながらそのまま寝ていたという経験、ありませんか?

私はしょっちゅうあるんですが、さすがに何も用が無いのにパソコンつけっぱなっしは電気代が無駄ですので、パソコンタイマー機能を使いましょう。

今回は、Windows8とWindows10の自動シャットダウン機能を使って、自分で設定した時間にPCをシャットダウンさせる方法をご紹介します。

フリーソフトや無料アプリを使わずに自動シャットダウンできるんですよ!

スポンサーリンク

タイマー設定でシャットダウン!使い方は簡単!

パソコンタイマー系の無料アプリや、フリーソフトに搭載された数々の機能はとても便利です。

しかし、そこまで充実している必要はないということであれば、実はフリーソフトをわざわざダウンロードしなくても、パソコンには簡単に自動でシャットダウンできる機能が備わっているんです。知ってました?(私、つい最近まで知らなかった…)

ここではWindows8Windows10についてのやり方をご紹介したいと思います。

タイマーでWindows10やWindows8の電源オフを設定する

デスクトップ画面に「シャットダウンのタイマーを作動させるショートカット」を作りましょう。

① デスクトップの何もない画面を右クリックします。

「新規作成」「ショートカット」を選びます。

PCタイマー設定手順①

「項目の場所を入力してください」と出てくるので、

ここで shutdown.exe -s -t 3600 と入力またはコピペし「次へ」をクリック。

(3600というのは秒数を指します。3600秒=1時間。ここを変えればタイマーの時間も変更できます)

PCタイマー設定手順②

④ ショートカットに名前を付けましょう。(例:シャットダウンまで1時間)

PCタイマー設定手順③

「完了」をクリックすると、デスクトップにショートカットが作成されます。

このショートカットを押すとタイマーが作動して1時間後にシャットダウンすることになります。

スポンサーリンク

Windows10やWindows8のタイマー設定を取り消す

ついでに「シャットダウンのタイマーを取り消すショートカット」もデスクトップ画面に作っておきましょう。

① デスクトップの何もない画面を右クリックします。

② そして、「新規作成」「ショートカット」を選びます。

PCタイマー設定手順①

「項目の場所を入力してください」と出てくるので、

ここで shutdown.exe -a と入力またはコピペし「次へ」をクリック。

PCタイマー解除手順②

④ ショートカットに名前を付けましょう。(例:シャットダウン取消)

PCタイマー解除手順③

「完了」をクリックすると、デスクトップにショートカットが作成されます。

これで、タイマーを取り消したいときはこのショートカットをダブルクリックすれば、シャットダウンのタイマーを取り消すことができますね。

簡単で便利です。ぜひお試しあれ!

もう少し充実した機能がほしい人は▼のタイマーの無料アプリもとっても便利です。

タイマーのフリーソフトのおすすめ シンプルなものを複数ご紹介!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ