母の日のプレゼント 50代にはおしゃれなギフトを!言葉も添えて!

もうすぐ母の日ですね♪

母の日に贈るプレゼントはもう決まりましたか?

最近の50代はまだまだ若くて、おしゃれにも食にも美容にも興味深々なお年頃ですね。

毎年のことで、だんだんネタ切れになってきますが、やっぱり何か気のきいたプレゼントを贈りたいですよね。

今回は私の母が50代の時に送ったプレゼントの中からものすご~く好評だった厳選ギフトをご紹介いたします!

スポンサーリンク

母の日のプレゼントに50代がもらって嬉しいギフトは?

母の日と言えば花ですが、50代の母親はまだそれほど植物に興味があるお年頃でもないんですよね。

もちろん花や鉢植えは嬉しいんですが、「枯れてしまうので、もったいないな」「育てなきゃだし、困ったな」と思ったりする人結構多いんです。

もう少し現実的に使えたり体験できたり、楽しい時間を過ごせたりする方が本当は嬉しいと思っている人意外といます。

事前に欲しいものをリサーチできればよいですが、サプライズ感がなくなるし。

で、今回は現在60代の私の母に「50代の頃にもらって嬉しかった母の日のプレゼント」をズバリ聞いてみました。

ついでにランキングも付けてもらいましたので、ランキング形式でご紹介します!

どうやら50代の頃はちょっと贅沢な気分に浸れる気のきいたおしゃれなギフトが嬉しかったようですよ。

母の日のギフトランキング

第一位  母の日はグルメな食事券と温泉

母の日のプレゼントの第1位は体験型カタログギフトEXETIME-エグゼタイム-」。

これはダントツで嬉しかったそうです。

カタログギフトというと、食器・傘・インテリアなどのファッション系の物や、肉・フルーツ・お菓子などなどの食品がメインに掲載されたカタログギフトが多いですが、「EXETIME-エグゼタイム-」は温泉旅行やレストランでのランチやディナーといった「素敵な時間」をプレゼントできるギフトカタログです。

こういった体験型カタログギフトは最近とっても人気があるんだとか。

50代の母親はまだまだ若くてアグレッシブなので、ちょっとだけ贅沢な気分を味わえるこれはものすご~く嬉しかったそうです。

ポイントは、自分の好きな体験が選べることと、普段自分では絶対に行かないレストランや料亭やた日帰り温泉での食事などが載っていること、だそう。

ちなみに、「EXETIME-エグゼタイム-」に掲載されているプランは2名分なので、一緒に行って母の日を祝うことができます。(…お父さんと行ってきてもらってもいいけどね。)

「EXETIME-エグゼタイム」のカタログは全部で7種類あります。

価格は¥6048~¥114480まで幅があります。

最もお手頃なのは「EXETIME(エグゼタイム) PART1」(\6048)。

体験型ギフトカタログとしては買いやすいお値段。

でも、こちらは温泉プランは温泉に入るだけで食事はなし、レストランプランは3件のみなので、母の日のプレゼントにはちょっと少し寂しい気がするんですよね。

私が50代の母に送ったのは「EXETIME(エグゼタイム) PART2(\11448)」!



「EXETIME(エグゼタイム) PART2」には、温泉プランが61件、レストランプランは24件も掲載されていますので、選び放題です!

もちろん、PART2に載っている温泉プランは、全て充実の日帰り食事付きプランですよ♪

¥11448という価格は決して安くはないですが、プラン内容の充実度と、2名分の利用料だと思うと、なかなかのお得感があります。

ちなみに、私は母の日と父の日を一緒にという形で、両親へプレゼントしました。

二人で行けてすっごく喜んでもらえました。

スポンサーリンク

第二位  プリザーブドフラワー

私の母は50代の頃は「花だったら、もったいないからいらない!」というタイプだったんです。

理由はすぐ枯れてしまうから、でした。

でも「プリザーブドフラワー」は水やり不要で、最低3年は綺麗な状態が保てるのでかなり気に入ったそうです。

プリザーブドフラワーの中でも最近の人気はフラワーボックス

きれいな花が箱いっぱいに詰め込まれていて、ジュエリーみたいで本当にきれいなんですよね~。

ボックスフラワーの蓋を空けた時に、「うわ~っ」と思わず声が出るほどきれいです。

私もほしい、かな。

フラワーボックスを早速リビングの写真立ての横に飾ってました。

父からの情報によりますと、何度も写真とプリザーブドフラワーを見ているそうで、どうやらたいそうお気に召したようです。

これが2番目に嬉しかったものだそう。

ちなみに▼はお値段も3980円で、とってもキュートでgood!


もう少しだけお値段が張るものでもOKであれば、日比谷花壇の▼もとっても素敵ですよ。

第三位 ハンドクリーム

女性は常に水仕事しますので、1日に何度かハンドクリーム塗りますよね。

でも普段使うハンドクリームは、まあその辺のスーパーとかで売っているニベアとかだったりします、はい。

だからこそ、普段自分では買わないような高級でおしゃれなハンドクリームのプレゼントはとっても嬉しいんですよね。

若い女性にはジルスチュアートなんかが人気ですが、さすがに母親世代にジルスチュアートは可愛すぎますから、私は「ロクシタン」を贈ったのですが、これがすっごく嬉しかったそう。

ロクシタンは香りがとっても上質で、とろけるバターのような使い心地がたまらなく贅沢な気分になるんですよね~。

以前、家族で香港のシェラトンホテルに宿泊した際に、ベッドにロクシタンのミニサイズのハンドクリームが毎晩置かれていたことがありまして、それを母が嬉しそうに使っていたので、母の日にロクシタンを贈ったんですが、「お~、これあのホテルのやつ!」と言って喜んでました。

30歳以上の女性にはもれなくよろこばれるようですね。もはやロクシタンは大人の女性の好物です。

中でも母の日にはたっぷり容量の150mlサイズがおすすめです。

お値段も2000円台と買いやすいので、これとプリザーブドフラワーをセットでというのもいいかも、です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロクシタン シア ハンドクリーム 150ml(3253581453841)
価格:2376円(税込、送料別) (2018/3/1時点)

第四位 日傘

私の母は外出時には日傘をさしていますが、イオンで買ったやつでした。

悪くはないのですが、もうちょっと小じゃれた日傘がいいんじゃないかと思ったわけです。

でも傘や日傘って、それなりの金額を出して自分では買わないんですよね。

それをプレゼントされると、やっぱり嬉しいようです。

ただ、どんなものでも良いかというとそうではないようで、そこはなかなかこだわりがあるらしい。

この年は事前に母にリサーチしましたところ、

「ピンクとかは気恥ずかしいのでNG。それに、折り畳みは柄の部分が持ち難いので嫌い。にわか雨が降ってきてもいいように晴雨兼用だと便利だね~。」

とのことでした。

なるほど、50代女性が日傘に要求するリアルな条件かと思います。

ならば、それらを満たした上でさらに、遮熱効果大・遮光率99%以上・UV遮断率99%以上という機能を兼ね備えた日傘をプレゼントしました。

最近の日差しは“痛い”ですからね。

50代の母親世代に人気のブランドは、やっぱり「シビラ」かなと。

お値段もいい感じの価格帯で、上記の条件を丸っと全て満たしてます。

女性らしい可愛らしさもちゃんとありますよ。

第5位 マッサージ

ホテルやエステでゆったりと過ごせるリラクゼージョンタイムのプレゼントもかなり嬉しかったそう。

私の母は疲れが溜まってくると按摩の予約はしても、エステの予約は圏外。

そこで、エステのギフト券をプレゼントしましたところ、

「うそっ、エステ~!お母さん初めてだわ…、一緒に行こか!」

とか言ってすごく喜んでくれました。

母の日のギフトとしておすすめなのはたかの由梨。

たかの由梨は私も行ったことがありますが技術力はかなり高いです。

パワフルな施術で全身のリンパが一気に流れます。

たかの由梨

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エステティックギフトチケット
価格:10000円(税込、送料無料) (2018/2/28時点)

TBCの施術も負けない高い技術力で、施術者によるムラがありません。

エステ内の空間もとってもリラックスできるゆったり空間で、本当に贅沢な気分になります。

接客もかなりいい感じで、至福の時です。

私こちら時々行ってます。

たかの由梨やTBCが近くにないよ、という方には、下記のSOW 体験ギフト『リラックスカタログBLUE』がおすすめ。

エステやマッサージなどに特化したカタログギフトで、47都道府県を網羅しています。

ほとんどの地域で体験できますよ。

お値段も少しだけ低めに抑えてあるのもgood!

一言メッセージを添えることをお忘れなく!

メッセージカードを手作りするのもおすすめです。

母の日のメッセージカードを手作りで簡単に100均グッズで作る!

小さな子どもからは手作りプレゼントを、とお考えの方は▼のサプライズアイデアを併せてどうぞ。

母の日の手作りプレゼントを保育園や幼稚園で製作!簡単アイデア!

他にも母の日のおしゃれな厳選プレゼントを下記でご紹介しています。

母の日のプレゼントはおしゃれなギフトを!花以外のおすすめアイデア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ