控除一覧

ふるさと納税で貰えるの日用品のおすすめ人気ランキング!節約に直結!

ふるさと納税のなかでも生活費の節約に直結する日用品は人気が高い返礼品です。トイレットペーパーやティッシュ、洗剤といった日用品は普段の生活において無くてはならないものですが、ふるさと納税を利用すれば、“実質たった2000円の自己負担” で大量の日用品がGetできます。

医療費控除とは 対象or対象外を徹底解説!世帯ごとのやり方!

今回は、確定申告で申請したい制度「医療費控除」についてわかりやすくかつ具体的にご説明します。「医療費控除の意味がイマイチわからない…」という方、「1年間で家族全員の医療費が10万円以上かかった時は、超えた金額がまるまる返ってくるということなの?」という方は必見です!

確定申告での障害者控除の必要書類と添付書類と還付金の計算

障害者控除とは、身体的、精神的に障害を背負った人に対して国、県、市町村が税制面で配慮をする制度です。今回は確定申告での障害者控除について、確定申告書と一緒に提出する必要書類や添付書類、また障害者控除の還付金の計算方法についてわかりやすくご説明いたします。

確定申告の医療費控除は領収書に替え「医療費控除の明細書」を提出!

今までは、確定申告で医療費控除を申請する際には支払った医療費の領収書を添付する必要がありましたが、平成29年度分からは支払った医療費を証明する領収書の添付が必要なくなりました。 では新しいルールに基づいた「医療費控除の申請方法」はどのようになったのでしょうか。具体的な申請方法や変更点などをわかりやすくご説明致します。

確定申告でマイナンバー拒否 わからない時は記載不要?本人確認は?

納税は国民が最低限守るべき義務の一つですから、税金を納めることに反対する気はなくても、人によっては「所得を正確に把握される」ということに何かしらの違和感を覚えることがあります。そこで、今回は、「確定申告でマイナンバーを教えないことができるのかどうか」について調べてみました。

ふるさと納税の仕組みと控除限度額の目安をわかりやすく説明!

ふるさと納税ってどういう仕組み?本当にお得なの?どんなサイトから申し込むの?控除の限度額は?一見複雑そうに思えるふるさと納税ですが、実はとっても簡単な手続きで返礼品がもらえて、住民税から控除もされる節税効果のあるお得な制度です。今回はふるさと納税の仕組みや上限額などをわかりやすくご紹介します。

確定拠出年金(個人型)の運用掛金は控除対象となり節税効果あり!

確定拠出年金(iDeCo)は税制優遇メリットが非常に大きいので、「どれを選んだらよいかわからない、やっぱり難しい!」と諦めたらとてももったいないです。確定拠出年金は加入者自身が商品を選んで資産を運用し、自身が受け取る年金額を増やそうという制度であるため、将来支給される年金額の多寡は運用成績によって決まります。