ふるさと納税でドライブレコーダーの返礼品!人気はコレ!

ふるさと納税の返礼品の中で、常に人気の上位に君臨するのは、金券と家電。これ鉄板ですね。

特に家電品の人気は高く、各ポータルサイトには様々な電化製品がラインナップされています。
家電の人気No,1は想像どおりパソコンタブレットですが、No,2は何を隠そうドライブレコーダーなんです。

今回は、ふるさと納税で貰えるドライブレコーダーの中でも、特におすすめのドラレコを厳選してご紹介するとともに、お目当てのドラレコをGETするのに必要となる寄付金額やポータルサイトをご案内いたします!

スポンサーリンク

ふるさと納税の家電はドライブレコーダーが人気!

いわゆる「あおり運転」が社会問題となって以来、ドライブレコーダーの需要は急速に高まり、今や、ドラレコは安全で快適にドライブするうえで欠かせないアイテムとなりました。

ドライブレコーダーを装備していれば、「あおり運転」の被害に遭遇した際、ドラレコの録画映像が確たる証拠となりますので、加害者の早期検挙が望めます。

また、万が一の事故の際にもドライブレコーダーが「事故の瞬間」を捉えていますので、相手方との無用な水掛け論を回避し、事故の早期解決が図れます。

安心を買うという感じですね。

最近のドライブレコーダーは映る範囲もかなり広く、画像も相当鮮明ですから、いざという時はかなり強力な証拠になります。

ふるさと納税の返礼品 ドライブレコーダーのおすすめは?

ふるさと納税 長野県伊那市のドライブレコーダー


長野県伊那市のふるさと納税にドライブレコーダーが登場しました。
伊那市では、「ケンウッド(KENWOOD)」のドライブレコーダーがふるさと納税の返礼品にラインナップされています。信頼のブランドです。

用意されているのは ”3” グレード。
それぞれの特徴と、必要となる寄付金額は以下のとおりです。

【ケンウッド DRV-230】

ふるさと納税返礼品ドライブレコーダーDRV-230

1.フルハイビジョン(1920×1080)撮影に対応し、走行時の鮮明な映像記録が可能

2.「HDR機能」を搭載し、逆光などの明暗差の大きなシーンでも高画質で安定した映像記録が可能

3.さまざまなシーンに合わせた4つの録画モードを搭載

1)常時録画 2)手動録画 3)イベント記録 4)駐車監視録画

4.衝撃を感知する「Gセンサー」を搭載

5.LED信号機の無点灯記録防止に対応

6.地上デジタル放送電波への干渉を低減するノイズ低減設計

7.大容量16GB microSDカード付属

※GPS非搭載

【AH-20】【伊那から安心安全】JVCケンウッドドライブレコーダー DRV-230【ふるなび】
寄付金額 もらえるドライブレコーダー
\40000 JVCケンウッドDRV-230 【ふるなび】

【ケンウッド DRV-325】

ふるさと納税返礼品ドライブレコーダーDRV-325

1.高感度「GPS」の搭載により自車位置を記録し、PC 用連携ソフトで走行記録の確認も可能

2.フルハイビジョン(1920×1080)撮影に対応し、走行時の鮮明な映像記録が可能

3.「HDR機能」を搭載し、逆光などの明暗差の大きなシーンでも高画質で安定した映像記録が可能

4.さまざまなシーンに合わせた4つの録画モードを搭載

1)常時録画 2)手動録画 3)イベント記録 4)駐車監視録画

5.衝撃を感知する「Gセンサー」を搭載

6.LED信号機の無点灯記録防止に対応

7.地上デジタル放送電波への干渉を低減するノイズ低減設計

8.大容量32GB microSDカード付属

【AK-13】【伊那から安心安全】JVCケンウッドドライブレコーダー DRV-325【ふるなび】
寄付金額 もらえるドライブレコーダー
\60000 JVCケンウッドDRV-325 【ふるなび】

【ケンウッド DRV-830】

ふるさと納税返礼品ドライブレコーダーDRV-830

業界最高レベルの「高画質」と「長時間録画」の両立。ナンバープレートなどの細かな部分の映像もクッキリ記録。HD記録モードで最長53時間、WQHD記録モードで最長20時間の長時間録画が可能。

1.新たに、フルハイビジョンの約1.8倍の解像度となるWQHD(Wide Quad HD)3.7メガ録画を実現。

2.「HDR機能」を搭載し、逆光などの明暗差の大きなシーンでも明瞭な映像記録が可能

3.さまざまな車両状況を記録できる4つの録画機能を搭載

1)常時録画 2)手動録画 3)イベント記録 4)駐車録画

4.ドライブをサポートする「運転支援機能」を搭載

1)前方衝突警告 2)車線逸脱警告※1 3)発進遅れ警告

※1:片側2車線以上の道路で、車線変更を行う際にも動作します。速度は目安です。

5.衝撃を検知する「Gセンサー」を搭載

6.高感度「GPS」や測位衛星受信回路の搭載により自車位置を記録し、PC用連携ソフトで走行記録の確認も可能

7.LED 信号機の無点灯記録防止に対応

8.地上デジタル放送電波への干渉を低減するノイズ低減設計

9.microSDXCカードに対応し、ダブルスロット搭載によるリレー録画や低フレームレート記録モードで長時間録画が可能

10.走行映像やメニュー画面も見やすく、便利な大型の3型ワイドモニターを搭載

11.水平132°、垂直70°、対角144°で広範囲に映像が記録できる広視野角レンズを搭載

12.ドライブの記録を静止画で簡単に残せる自動静止画連続撮影機能を搭載

13.SDカードの交換時期を画面表示と音声案内で知らせ、録画エラーを未然に防ぐSDカード寿命告知機能※2を搭載

※2:本機付属のmicroSDカードまたは、当社製別売microSDカード「KNA-SD8A/SD16A/SD32A」の使用時に対応。

14.PCで詳細なドライブ情報を確認できる専用ビューアーソフトKENWOOD「DRIVE REVIEWER」を用意

【AM-24】【伊那から安心安全】JVCケンウッドドライブレコーダー DRV-830【ふるなび】
寄付金額 もらえるドライブレコーダー
\80000 JVCケンウッドDRV-830 【ふるなび】
スポンサーリンク

ふるさと納税 岐阜県七宗町のドライブレコーダー

商品画像
岐阜県七宗町のふるさと納税返礼品にもドライブレコーダーがラインナップされています。
岐阜県七宗町では、「ユピテル」と「コムテック(COMTEC)」のドライブレコーダーがふるさと納税の返礼品として用意されています。

今回はその中から安心の日本製ドライブレコーダー「コムテック HDR-102」をピックアップ。その特徴と、必要となる寄付金額をご案内致します。

【コムテック HDR-102】


1. 液晶サイズ:2.7インチフルカラーTFT液晶

2. Gセンサー搭載(ON/OFF調整可:0.1G~1.0Gまで0.1G単位で設定可)

3. LED信号機対応:フレームレート 10fps/20fps/30fps ※LED信号機が消灯状態で記録されないようにフレームレートを調整済み

4. 記録方式:常時録画/イベント録画(衝撃録画/マニュアル録画[手動録画])

5. 音声録音:ON/OFF可能

6. 映像ファイル形式:AVI(MJPEG)※ビューワソフトにてAVIに出力

7. 録画ファイル構成:1ファイル/約120MB単位

8. 記録媒体:microSDHCカード(付属:8GB/class10) ※4GB~32GB対応 class10推奨

9. 安心機能:SDカードチェック機能搭載。起動時にSDカードをチェックし、破損している場合にお知らせします。

10. 緊急録画停止機能搭載:事故などの大きな衝撃を受けた際に上書きしないように自動で録画を停止します。※ON/OFF調整可

11. バックアップ機能搭載:事故などで電源が切断しても、スーパーキャパシタによりファイルの破損を抑え、記録した映像を保護します。

[/su_quote]
寄付金額 もらえるドライブレコーダー
\50000 コムテックHDR-102 【ふるさとプレミアム】

ちなみに、「ユピテル」のドラレコのラインナップと、必要となる寄付金額は以下のとおりとなっております。

寄付金額 もらえるドライブレコーダー
\46000 ユピテルDRY-ST1500C【ふるプレミアム】
\50000 ユピテルDRY-ST2000C【ふるプレミアム】
\56000 ユピテルDRY-ST5000C【ふるプレミアム】
\60000 ユピテルDRY-ST7000C【ふるプレミアム】

「ユピテル DRY-ST1500C」については、神奈川県寒川町【ふるなび】では寄付金額\35000にて掲載されておりますので、そちらを利用される方がお得です。

ふるさと納税で貰ったドライブレコーダーの取り付け方は簡単!

取り付けたドライブレコーダー

とかく、カー用品の取り付けには「難易度が高い」というイメージが付きまといますよね。素人、特に女性には無理なんじゃないかと…。

でも大丈夫ですよ!ドライブレコーダーの取り付け方は実はとても簡単なんです。

もちろん、女性の私でも簡単に取り付けられましたよ♪

極端な話、ドラレコを好きな位置に設置し、電源ソケットを車のシガーソケットに差し込めば「OK」なんですよ。

詳しいドライブレコーダーの取り付け方は、▼の過去記事で紹介しておりますので、よろしければ参考にしてくださいね。
>>「ドライブレコーダーのおすすめと取り付け方&動画を紹介ZDR-012」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ