お中元やお歳暮は実家の両親に送る?結婚後のマナーや予算は?

日頃お世話になっている方への感謝の気持ちをお届けする「お中元&お歳暮」。

結婚前はお中元やお歳暮なんて贈ったことがなくても、結婚して所帯を構えるとそうはいきませんね。

親戚やご主人の勤務先の上司など、お中元やお歳暮を送るべき相手がたくさんできます。

では、自分の実家の両親のところには贈るの?

実の親であっても、結婚後はお中元やお歳暮を送るべきかどうか迷いますよね。

今回は結婚後に実家の両親にもお中元やお歳暮を贈るべきかや、それにまつわるお中元やお歳暮のマナーをご紹介いたします。

スポンサーリンク

お中元やお歳暮は実家の両親に送る?

お中元やお歳暮を結婚後「実家の両親」に送るべきかどうかについては、実に意見が分かれるところです。

「実の親にお中元やお歳暮はなんていらない」、「いやいや、実の両親とはいえ結婚したら別世帯。季節ごとの挨拶は必須」などなど…。

礼儀作法の上では、お中元&お歳暮を送るべき相手というのは、ご主人の会社の上司や親戚、また、仲人などがそれにあたります。場合によっては友人に送るという人もいますね。

それに対し「実の両親」へのお中元やお歳暮については、家族ごとや親族ごとにより習慣や風習は様々です。

そもそも、お中元やお歳暮は「日頃の感謝の気持ち」を形にして届ける贈り物ですので、自分の実家の両親にも贈りたいなと思う気持ちがあれば、その気持ちに素直に従って贈るとよいです。

ご両親も結婚して独り立ちした娘が、両親への気遣いができる大人に成長したことを嬉しく思ってくれるはずです。

一方、ご主人の実家の両親へ贈るかどうかを迷っている場合は、まずはご主人のご家庭にそういう習慣があるかを確かめるのがベストです。

つまり、ご主人のご両親は実の親にお中元やお歳暮を贈っていたか、です。

もし、ご主人のご両親が実の親にもお中元やお歳暮を送っていたならば、自分たちも同じように送るのが穏当です。

贈って不快に思われることはありませんが、何も贈らなかったために非常識だと思われてしまう可能性はあるからです。

結婚早々それは避けたいですからね。

私は結婚した最初の年度のお中元やお歳暮は、両家の両親に贈りました。

が、私の両親は「来年からはそんなことしなくていいからね。」とはっきり言いましたので、それ以降は贈っていません。

一方、主人の両親へは今でも感謝の気持ちを込めてお中元とお歳暮を贈っています。

遠方に暮らしているので、それがひとつのコミュニケーションツールになりますから、今後も続けていくつもりです。

そもそも「感謝の気持ち」を表わしていけない相手なんていませんから、迷ったら贈る、で大丈夫です。

お中元やお歳暮を実家の両親に贈る際の予算は?

いざ、お中元やお歳暮を送るとなると気になるのが予算です。

実の親とはいえ、あまりに安っぽすぎて「…生活厳しいのかしら」と心配させてもいけませんし、逆に高価なものを贈ったがために「こんな高価なもの…。どうしよう…。」と気を遣わせたくもないですよね。

お中元やお歳暮を実家の両親に送る際の予算相場の目安は

約3000円~5000円
です。

このくらいの予算で、ご両親の嗜好にあった「お中元&お歳暮」を選べば間違いないですよ。

実家の両親におすすめのお中元やお歳暮は?

では、両親にお中元やお歳暮を贈る場合、どんなものがよいのでしょうか。

以下は、私が両親や義母へ贈ってとても好評だったお中元&お歳暮です。

どうせ送るなら、無難な物ではなく、ちょっと気のきいた物で、本当に喜んでくれるものがよいですから、厳選しましょ♪

1位 洋菓子

【アンリシャルパンティエ】

神戸発祥の老舗洋菓子ブランド「アンリ・シャルパンティエ」。
おすすめは何と言ってもフィナンシェです。

フィナンシェはアンリシャルパンティエのフラッグシップ商品(代表作)です。

アンリシャルパンティエのフィナンシェは、自社開発のとても上質なバターを使用していまして、とってもしっとりしていて、ひとくち頬張ると口の中にバターの香ばしい香りがホワンッと広がります。

甘すぎず、ついつい2つ3つと手が伸びる美味しさです。

オンラインショップでは、焼きあがりから24時間以内に届けてくれる「工場直送フィナンシェ
」がラインナップされています。

出来たてならではの香り高さしっとり感が味わえるうえに、オンラインショップ限定のプレミアムな商品ですので、贈り物にぴったりな贅沢な逸品です。

2位 海産物

【西京漬け】

年齢を重ねた親世代には、肉より魚がおすすめです。健康的ですからね。
その中でも、おすすめは「西京漬け」。

お父さんのお酒のおつまみにもなりますし、ご飯との相性も抜群です。

上記商品の特徴は以下の3つ。

①江戸時代創業の味噌屋の手作り味噌を使用

②注文を受けてから製造

③産地・鮮度・脂のノリにこだわった魚だけを使用

本当に食べる人のことを考えて丁寧に作られていて、味にもそれが表れているおすすめのお取り寄せグルメです。
スポンサーリンク

3位 和菓子

【恵那 川上屋】



老舗和菓子店「恵那 川上屋」は「栗きんとん」で超有名なお店です。

栗きんとん」とは、岐阜の美濃地方につたわる郷土菓子です。
厳選された栗と少しの砂糖を合わせて炊き、一つ一つ手絞りで仕上げた逸品です。

ほっこり心温まる素朴な食感が楽しめますよ♪

現在ではオリジナルの栗きんとんに加え、「四季の栗きんとん」なる派生商品も存在し、こちらもすごく上品でイケてます。(見た目もカワイイんです!)

4位 調味料

【しょうゆ】


お中元やお歳暮の人気商品ランキングの上位に必ず入る「調味料」。

主流はサラダ油やドレッシングですが、私のおすすめは「しょうゆ」です。

もちろんスーパーの特売で見慣れた「しょうゆ」ではなく、ちょっといいプレミアムな醤油ですよ。

なかでも「かめびし醤油」は、かなりおすすめ。

創業から250年以上続く老舗の醤油蔵でつくられた、日本一高いと言われている高級醤油です。

現在では唯一となった「むしろ麹製法」を頑なに守り続けており、市販の醤油では味わえない「深いコク」と「まろやかさ」、「独特の酸味」が特徴です。

安い醤油とプレミアムな醤油とでは、煮物でかなり味の差が出ます。

安い醤油は、加熱するほど味は落ちていきます。苦みが際立ってくるんですね。

逆に手間暇かけて作られた高級醤油は長時間加熱しても、決して嫌味な部分が突出することはなく、むしろ味に深みが出てコクが増します。

「かめびし醤油の原材料は、大豆(国産有機無農薬大豆100%)・小麦(国産小麦100%)・塩(オーストラリア産天日干原塩+国産天然ニガリ)の3つだけ

「?」な化学調味料は一切含まれていませんので、安心して口にできます。

本物が分かる親世代にこそ贈りたい品です。

5位 ジュース

【フランス産 無農薬ぶどうジュース】

30年以上もの間、無農薬にこだわり、世界でも珍しい、ビオ認定を持ったコニャックメーカーである「ギィ・ピナール」。
そのコニャックを仕込むために収穫したブドウ果汁に炭酸ガスを加えて作られたのが、この葡萄ジュースです。

無添加・無農薬のスパークリング葡萄ジュースですので、お酒が飲めない方はもちろん、妊婦さんや子どもでも安心して飲めるクオリティと安全性です。

「炭酸入り葡萄ジュースってことは…、ファ○タと一緒?」という方がたまにいらしゃいますが、違います。全く別物ですよ!

ジュースといえど子どもが好むような甘ったるさは皆無、葡萄本来のとてもすっきりとした甘酸っぱさが特徴。

アルコールが入っていないというだけで、飲み口はプレステージ・シャンパンのそれと同様と言ってもいい大人の高級ジュースです。

食事とも合わせられますし、また、チーズやスイーツとの相性も抜群にGOOD!。

お中元のセンスが光る変わり種のおすすめは▼をどうぞ。
お中元はセンスが光るおしゃれな変わり種!おすすめは何がいい?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ