ふるさと納税でバルミューダの炊飯器を返礼品で貰おう!機能や感想は?

バルミューダの炊飯器 ザゴハン

2015年にザ・トースターが発売されて以来、おしゃれな家電として人気を集めてきたバルミューダの家電製品

象印やシャープなど名だたる家電メーカーが販売する白物家電とは一味異なるこだわりのコンセプトがコアなファンの心を捉え、キッチン家電ブランドとして確固たる地位を築いていますね。

バルミューダの家電の特徴はなんといってもおしゃれでスタイリッシュなデザインと、無駄のないシンプルで使いやすい機能。

その注目度は年々高まってきており、現在では、大ヒットを飛ばした「ザ トースター」の他にも、炊飯器や加湿器電気ケトル・扇風機・空気清浄機など、たくさんのおしゃれな家電用品が続々と新登場しています。

バルミューダのキッチン家電の中でも、近年特に人気が高まっているのが炊飯器「ザ ゴハン」ですが、なんとっ、この度、このオシャレな炊飯器がふるさと納税の返礼品としてラインナップしました!

今回は、BALMUDAの炊飯器「The gohan」をふるさと納税でゲットするために必要な寄付金額や、取り扱いのあるふるさと納税ポータルサイトをご案内するとともに、機能や実際に使ってみた感想なども併せて口コミいたします!

スポンサーリンク

バルミューダの炊飯器の感想と評判!

ふるさと納税の返礼品バルミューダ炊飯器

バルミューダの炊飯器の機能と感想!

バルミューダの炊飯器の最大の特徴は、蒸気の力で炊き上げる点。

炊飯器の中は内窯と外窯の二重窯構造になっていまして、この2つの窯の間には空間が作られています。ここに水200ccを入れて熱することで、炊飯器の中が丸ごと蒸器の窯となりじっくりとお米が炊きあげられます。

通常の炊飯器は土鍋で炊いたおいしさを再現するために、熱伝導率のよい分厚くて重い窯を使用していますが、実は分厚い窯を電気で熱するのにはかなりの熱エネルギーを使ってしまうんですね。

バルミューダの「ザ ゴハン」はそのエネルギーを最大限お米を蒸すことに使います。

100℃を越えない自然な加熱で優しくゆっくりお米を蒸し上げるので、お米が釜の中で踊らず、傷つかないので、ごはんがふっくらもっちり、香ばしい香りと旨みが一粒一粒にしっかりと閉じ込められます。

最初に炊いた時のぴっかぴかのツヤには結構びっくりしますよ♪

バルミューダのザ ゴハンに保温機能はある?

バルミューダのザ ゴハン

バルミューダの炊飯器「ザ ゴハン」に保温機能はありません。

それには理由がありまして、「ごはんは保温して保存すると味が落ちる」ためです。

「え~、保温機能がないんじゃ、不便だし、食べている間や、おかずを作っている間にご飯が冷めちゃうじゃん!」と思いますよね。

でも、ですね、その心配はほとんどいらないかと。

バルミューダの炊飯器は、高い断熱性をもつ二重釜構造になっているので、ご飯が炊きあがってから、1時間くらいはごはんはあたたかいままなんです。むしろ熱い。

我が家は、夕飯のごはんを少し多めに炊いて、翌日のお弁当のおにぎりにするのですが、ご飯が炊きあがってからおにぎりが握れる温度になるまでに、1時間程はかかります。

炊きあがってから30分後は炊きたてとほとんど変わらないくらいご飯がアツアツで、とてもおにぎりは握れません。

さらに45分後にも試してみましたが、やはりまだまだ熱くて握るのは無理。「アチチッ!」って感じです。

ようやく1時間後くらいにおにぎりが握れる温度になります。

ですから、もともとごはんを1時間以上保温する習慣がない家庭にとっては、特に問題はありません。と言いますか、バルミューダを使い始めて、これまでもほとんど保温機能を使っていなかったことに改めて気付きました。

バルミューダで炊いたごはん

我が家は長年、象印の高機能炊飯器を使っていてかなり美味しく炊けていましたが、バルミューダの炊飯器で炊いたご飯は、粒立ちがとてもよく、しっかりとしたごはんが炊きあがります。

香りはそれほど違うようには感じませんが、食べた時のお米の旨みと甘みは確かにバルミューダの炊飯器で炊いたものの方がしっかりとしています。

炊き上げる際に、お米が窯の中で対流しないからでしょうかね。

シンプルな機能が売りですが、炊き方は下記の5種類から選べます。

○白米

○早炊き

○玄米

○炊込み

○おかゆ

色は白と黒の2色があります。我が家はバルミューダのレンジと同じ白で統一しています。(シンプルなデザインなので、キッチンがかなりすっきりです♪)

ちなみに、これまで高機能炊飯器を使っていた際は、美味しいご飯を食べるために、毎回蓋やら中蓋やらこまごました部品を分解して綺麗に洗っていたので、結構面倒でしたが、それに比べると、バルミューダの炊飯器はかなりシンプルな構造で、釜2つもささっと簡単に洗えるので、かなり楽ちんになりました。

スポンサーリンク

おにぎりを握ってみた!

バルミューダのおにぎり

炊きあがりから1時間ほど経つと、ようやくごはんがおにぎりが握れる温度になりますので、食後におにぎりを握るのにちょうどよいタイミングです。

バルミューダの炊飯器で炊いたごはんが「メチャクチャ美味しいじゃん!」と感じるのは、実はこのおにぎりです。

おにぎりはお弁当として食べますので、当然さめているわけですが、ふっくらとした粒立ちは冷めてからもほとんど変わらず、ふんわりとしたごはんが口の中でほろほろとほどける感じです。

さめたおにぎりは大体べちょっと感が出てしまいますが、そういう感じは全くなく、ごはんの甘みと旨みも炊きたてとほとんど変わりません。

冷めたごはんでも美味しい、これが他の炊飯器と決定的に違います。

おにぎりにするとかなり美味しいという噂は、本当です。

卵かけごはんにしてみた!

たまごバルミューダの卵かけごはん

ちなみに、バルミューダがおいしい食べ方として推奨しているレシピでもある卵かけご飯でも食べてみましたが、はい、これ絶品です!

ごはん1粒1粒がしっかりしていますので、たまごのとろみとかなり相性がよいです。さらさらっと食べられる感じ。卵かけごはんなら、BALMUDAのThe Gohanと言っても良いくらいのレベルです!(←管理人は無類の卵かけごはん好き。)

バルミューダの炊飯器「ザ ゴハン」のサイズは?

バルミューダの炊飯器

本体のサイズは幅 275mm × 奥行き 251mm × 高さ 194mmです。

3合炊きなので、育ち盛りの子どもが何人もいる家庭以外は、十分だと思います。

通常の高機能炊飯器よりも一回り小さい感じで、丸っとしたかわいいシンプルなデザイン。キッチンがとってもすっきりしますよ♪

バルミューダの炊飯器の価格は?

バルミューダの炊飯器「ザ ゴハン」の市場参考価格は¥41500(税別)です。象印やシャープなどの高機能炊飯器に比べるとお値打ちな印象ですね。

バルミューダをふるさと納税でもらうための寄付金額は?

バルミューダの炊飯器をふるさと納税で貰うために必要な寄付金額は下記の通りです。

必要な寄付金額 貰える返礼品
15万円 BALUMUDA The Gohon ブラック【F-style】
15万円 BALUMUDA The Gohon ホワイト【F-style】

■申込自治体:大分県玖珠町

■ふるさと納税サイト:F-style

 今なら、玖珠町で採水されたミネラルウォーター「ビューティーウォーター」がセットで貰えます。「玖珠町の水 ビューティーウォーター」は、どんな料理にも合うお水で、美容にもよいのだとか(^^♪。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ