白糸の滝のふれあいの里でランチにヤマメとそうめんを食べたよ! 

糸島の白糸の滝の空車待ちの渋滞

糸島白糸の滝は福岡でも有数の名勝で、GW・お盆等の連休などはとっても多くの人で賑わいます。

そんな人気観光スポット「白糸の滝」に隣接したレストラン「ふれあいの里 四季の茶屋」では、美味しいランチをいただいてきましたので、絶品料理の数々を写真と共にご紹介いたします!

白糸の滝とそうめん流しやヤマメ釣りや駐車場情報などの詳細は▼をどうぞ。

白糸の滝のある糸島でヤマメ釣りとそうめん流し!アクセスと駐車場!

スポンサーリンク

白糸の滝のふれあいの里で食事!

白糸の滝の荘厳で美しい景色を味わったら、次はお腹がすきますよね。

白糸の滝の名物と言えばヤマメですから、これは何が何でも味わわないと、です。

いや、むしろこれが最大の目的だったりします。^^

白糸の滝のすぐ側(ほぼ真横)には「ふれあいの里 四季の茶屋」という食事処があります。

四季の茶屋では、ヤマメ料理をはじめ、キリッと冷たいそうめん打ち立ての蕎麦(そば)を味わうことができるんです♪

魚の中でも一番好きなのがヤマメとアユと穴子ですが、特にヤマメは旨味が強くてふわふわで大好きなので、かな~り楽しみにしてきました。

四季の茶屋は休日になると多くの観光客がヤマメを求めて足を運ぶそうで、ランチタイムには大変な賑わいをみせますが、予約は不可なので、混んでいないかな~、と心配でした。

しかし、ランチの時間を少しだけずらしたおかげか、幸いにもすんなりと入れまして、いい感じに静かな雰囲気の中で昼食を摂ることができました。

まずは四季の茶屋の外観は▼な感じです。小民家風のいい雰囲気を醸し出しています。

「白糸の滝 ふれあいの里 四季の茶屋」

糸島の白糸の滝の四季の茶屋

■営業時間 :9時~17時まで。 ※7月~8月は18時まで営業。

■電話番号: 092-323-2114

■定休日: 年末年始(12月29日~1月3日)及び、12月~3月の毎週水曜日

続いて内観は▼な感じ。なかなかの広さです。

天井は吹き抜けになっていて解放感があります。

畳敷きの座敷とテーブル席に分かれています。

白糸の滝ふれあいの里四季の茶屋の店内2 白糸の滝ふれあいの里四季の茶屋の店内1

木を多用した店内はまったりほっこりとした雰囲気。

ついつい時が過ぎるのも忘れ、長居してしまいそうになります。

白糸の滝ふれあいの里四季の茶屋の店内3 白糸の滝ふれあいの里四季の茶屋の店内4

店内は窓から入ってきた山の風がサァ~ッと吹き抜け、とっても爽快で心地よいです。もしかしたら、夏でもクーラーいらないのでは・・・、と思うくらい涼しいです♪

店内からは美しい山の景色も眺められます。

白糸の滝ふれあいの里四季の茶屋の店内6

白糸の滝でランチはヤマメがおすすめ!

さてさて、事前にいろいろメニューはリサーチしていたんですが、いざ店内のメニューを見てみると事前のリサーチでは見られなかったメニューがかなりたくさんあるではありませんか!

定食やセットや単品など、かなりメニューが豊富な印象。

▼は一部ですが、メニューの写真撮ってきましたよ。

ふれあいの里 四季の茶屋 メニュー(一例)■

白糸の滝ふれあいの里四季の茶屋のメニュー3

白糸の滝ふれあいの里四季の茶屋のメニュー2

白糸の滝ふれあいの里四季の茶屋のメニュー1

基本的に名物のヤマメの塩焼きはどのメニューにも入っているようですね~。

ヤマメの他には店内で手打ちしている蕎麦(そば)がセットになっているものや、もう一つの名物であるそうめんがセットになっている定食もあります。

しかもお値段が1100円とか1200円とか観光地としては結構リーズナブル。

2000円代の定食もありますが、こちらになると、ヤマメの塩焼きの他、ヤマメの唐揚なども付いていて、ヤマメが3~4匹になったりします。

ヤマメは大好きですが、さすがに3~4匹は食べられそうにないので、今回はヤマメの塩焼きとそうめんがセットになった1100円の「そうめんセット」をチョイス。

スポンサーリンク

一緒に行った友人は1200円の「ざるそば・やまめ塩焼きセット」をチョイス。

白糸の滝ふれあいの里四季の茶屋のそうめんセット2 白糸の滝ふれあいの里四季の茶屋のそばセット2

上記写真の左が「そうめんセット」、右が「ざるそば・やまめ塩焼きセット」。

「そうめんセット」の方は「わかめおにぎり」が2ケもついています。ラッキーです。

ヤマメの塩焼きも思ったより大きめ💛

めちゃめちゃ美味しそうです。

「ざるそば・やまめ塩焼きセット」にはおにぎりは付いていませんが、代わりにそばの量が結構なボリューム。

私たちのテーブルの横にそば打ちスペースがありまして、今まさしく大将が蕎麦を打っていますので、打ち立て蕎麦が出てきますよ。

店内を見渡すと、そうめんよりも蕎麦を注文している人が多かったですね。

蕎麦は、こしがあって食べ応えのあるお蕎麦です。十割そばなのかな~、という印象ですが、未確認なのでわかりません。が、とにかく美味しいです♪

白糸の滝ふれあいの里四季の茶屋のそば

そうめんには大きめの氷が2~3個ゴロッと入ってまして、いい感じにキリッと冷えてます。

白糸の滝ふれあいの里四季の茶屋のそうめん 白糸の滝ふれあいの里四季の茶屋のワカメおにぎり

わかめおにぎりは滝の横に出ている屋台でも売られていたものと同じですが、侮るなかれ、これはかなり美味しいですよ♪

塩加減が絶妙でお米もかなり上質です。「糸島米」だそうです。こだわってます!

九州のお米って全国的にはあまり知名度は高くないんですが、実は実はクオリティが高いんです。かなり美味しい。

他府県から遊びにくる友人たちは、お米の美味しさに例外なく感動します。

さて、最大の目的であるヤマメは、と言いますと、想像していたよりもかなりうまい!です。

糸島の白糸の滝の四季の茶屋でいただくヤマメの塩焼き

店舗横の滝の下流で泳いでいる取れたてのヤマメを、その場で焼いて出してくれますので、美味しいにきまっているのですが、焼き方がよいのか、本当に身がふわふわで味も旨味が強くて、程よい塩加減で文句のつけようがありません。

しかも、白糸の滝は水の綺麗な清流ですから、川魚独特の臭みも全くありません。

これなら、3匹いけたかも。^^

白糸の滝のふれあいの里は屋台も美味しいよ!

滝の付近には「ふれあいの里 四季の茶屋」が屋台も出していまして、団子やとうもろこし、わらび餅、ヤマメの塩焼き、ソフトクリームなどを売っています。

糸島の白糸の滝の団子屋 糸島の白糸の滝の露店

観光地なのに料金もかなり良心的で、下記の写真のように団子は大きな3つの団子が串刺しになっていて300円。

団子かなり大きくてびっくりしますよ。巨大です。

白糸の滝の団子

トウモロコシもかなり大きめのやつが350円。地元産のものでしょうか、甘味が強くてかなり上質なトウモロコシでした。

白糸の滝で売っているトウモロコシ

佐賀もそうですが、九州の観光地の食べ物はいわゆる観光地価格ではなく、むしろ普通に街中で買うよりお値打ちで、量も多かったりするんですよね。

そこもかなり気に入っています。

ちなみに、上記の団子とトウモロコシ、「四季の茶屋」での昼食後に食べたくなりまして、

「下の屋台で売っている団子ととうもろこし、買ってきてここで食べてもいいですか?」と尋ねてみたところ、快く「いいですよ」と言ってくれましたので、お言葉に甘え、下に降りていって出店で調達して、涼しい店内でゆっくり味わいました。

実は滝の横に出ている屋台は「四季の茶屋」が運営しているのだそうで、同じお店のものなので、混んでいなければ、ご飯を食べた人は特別に屋台のものを店内で食べてもOKしてくれるのかもしれませんね。(あくまでも、お店の御好意なので毎回OKかはわかりませんが。)

店内を出た後は、露店のソフトクリームも食べました。

ソフトクリームは糸島のプレミアムな牛乳「伊都物語」を使用しています。ミルクの風味が濃厚です!

は~、大満足。

次は、仕上げのデザートをいただきに、かき氷の村上屋へgo!

→糸島のかき氷なら白糸の滝の村上屋!周辺アクセスとメニュー!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



コメント

  1. tonton より:

    初めまして。ブログランキングから訪問しました。
    自然と美味しい季節のお食事、素敵なG.W.ですね。
    この連休は何処にも出かけなかった私には羨ましい限りです。
    ヤマメの塩焼き、美味しいですよね^^

    • iGY より:

      いつも当方のブログにご訪問くださいましてありがとうございます。
      白糸の滝は本当によい所で、ヤマメも美味しかったので、機会があればぜひお出掛けください。