糸島のプリンはまたいちの塩プリンがおすすめ!グルメなデザート♪

糸島のプリン

福岡きっての観光地である糸島には新鮮な豪華海鮮丼をはじめとする海の幸や、本格イタリアン・デザートが食べられるおしゃれなカフェなどが目白押しですが、なかでも有名なスイーツがプリン

「糸島でプリン?」とお思いの人もいるかと思いますが、糸島には「つまんでごらん」という有名なブランド卵や、新鮮な牛乳や、ミネラルが豊富に含まれた良質な海水など、上質な材料と自然の恵みが揃っていますから、プリンだってとびっきりおいしいものが生まれるんですね。

しかも、今回おすすめする「またいちの塩プリン」はそんじょそこらのプリンではありません。プリンの概念が覆るような、とびっきりおいしいプリンなんです。(←決して大袈裟ではない。)

今回は、糸島きっての絶品スイーツである「またいちの塩プリン」を現地で実食してきましたので、たくさんの写真とともにご紹介いたします!

景気は絶景ですし、まったりと過ごせるのでデートにもぴったりの場所ですよ♪

スポンサーリンク

糸島のプリンはまたいちの塩のプリンがおすすめ!

糸島にはおいしいスイーツを提供するお店がたくさんありますが、オススメは断然「またいちの塩プリン」!

塩を振りかけて食べるというちょっと変わったプリンですが、プリンのおいしさを最大限に引き出す大切な役割を果たすのが「またいちの塩」なんです。

またいちの塩って?

またいちの塩」は、糸島の中でも商業施設や民家などがほとんど建っておらず、生活排水も混ざらない糸島半島の ”突端” のきれいな海からくみ上げられた海水で「焦らず、急かさず、自然の速度でゆっくりじっくり」生成されたこだわりの「塩」です。

そのまたいちの塩の生産者さんが手塩にかけて作っているのが「塩プリン」というプリンです。

こちらのプリンを販売している場所は「またいちの塩」の精製工房。

”パームビーチガーデンズ” や夫婦岩で有名な観光スポット ”二見ヶ浦” から車で20分ほどの場所(芥屋)にあります。➤➤糸島の観光スポット詳細

無料駐車場はありますが、週末はかなり並ばなくていけないので、すぐ手前にある1回300円の駐車場がおすすめです。

駐車場で降りたら、徒歩で舗装されていない歩道を5分ほど歩いてお店に到着する感じです。

そう、ここは原則車では入れなのです!

またいちの塩プリンの店舗の外観

店舗の外観はこんな感じ。

糸島の塩プリン売り場

木造で屋根はトタン板、正直おしゃれさはゼロですよね。(^^;

いや、逆にボロさにこだわり感が出てますね~。

この小さなほったて小屋?のようなお店には、毎日のように「塩プリン」を求める人で行例ができます。

中には100個とか買っていく人もいるほどです。

糸島の塩プリンは海をバックにインスタ映え!

塩プリンはお土産に持って帰る人もいますが、多くの人はここで食べていきます。

目の前は糸島半島の美しい海が広がっていますからね~。絶景です。

そもそも糸島の海はどこもきれいなのですが、こちらの塩工房周辺の海は糸島の中でも特別。

おいしい塩をつくるために、元料理人の店主がわざわざここに塩工房を構えたくらいですから、他の場所で見る糸島の海とは別物。

エメラルドグリーンの海の美しさは外国のリゾート地か、と思うほど美しい。ここから見る海が本来の糸島の海だとすると、他の場所で見る糸島の海は、生活排水などで少しは汚れているんだな、とわかるくらいのきれいさです。

下記のようなベンチに座りながら、海を眺めつつプリンとコーヒーを堪能している人が多いです。

糸島のプリン売り場のベンチ

美しい海を背景にプリンを撮影すると、インスタ映えしますので、写真を撮っている人たちもちらほら。私もパチリとしてみました♪

糸島の塩プリン

半分屋内のような下記の小さなイートインスペースもあります。

糸島のまたいちの塩のイートンスペース

ちなみにコーヒーは350円で売ってます。おいしいプリンとコーヒーを味わいながら海を眺める、なんとも贅沢な時間です。

ただし!

トイレはない(💦)ので、予めどこかですませてから行くとよいですよ。

スポンサーリンク

糸島のまたいちの塩をかけて食べる花塩プリンと花塩チョコプリンが絶品!

糸島のプリンのメニュー看板

今日のラインナップは定番の「花塩プリン」「焦がし塩キャラメル」「花塩チョコプリン」の3種類。「焦がし塩キャラメル」は完売でしたので、「花塩プリン」と「花塩チョコプリン」を1つずつ買いました。

プリンにはまたいちの塩がセットで付いていまして、少しずつ掛けながら食べるというスタイル。

糸島のまたいちの塩セットのプリン

どちらのプリンも添加物などは一切入っていない自然の原料のみで作られています。

糸島の塩花チョコプリン

わが家では普段から「またいちの塩」を料理に使っていますので、そのおいしさは十分理解しているんですが、これがプリンとどうマリアージュするのかは未知。

実際食べてみると、またいちの塩がプリンのおいしさをめちゃめちゃ引き出していてびっくりしました。

糸島の花塩プリン 糸島の花塩プリン

プリンはとろけるような食感で、濃厚さが半端ないです。

糸島の花塩プリンの箸上げ

相当絶品です。1瓶はそこまで大きくはないのですが、味が濃いので食べ応えもあります。

こちらの塩プリンが有名なことはずいぶん前から知ってはいたんです。時々雑誌などでも取り上げられていますしね。でも、「そうは言っても、プリンでしょ。」と高をくくっていたので、並んでまで食べたいとは思わなかったんです。(ひねくれ者)

けれども、今回初めて食べてみまして、深~く反省しました。

パームビーチのイタリアンと言い、こちらの塩プリンと言い、なんでもっと早くチャレンジしなかったのかと、斜に構えていた自分を後悔するくらいのお味です。

定番の「花塩プリン(400円)」もとろけるような食感がかなりおいしいですが、私のおすすめは「花塩チョコプリン(500円)」。

またいちの塩と濃厚なチョコプリンの相性は素晴らしいです。チョコも相当上質なものを使用しているかなと思います。

またいちの塩も売ってます!

敷地内では「またいちの塩」もちろん売っています。↓

糸島のまたいちの塩売り場

こちらは塩工房なので当然ですが。

いつも料理に使っているのは、「調理塩」ですが、店頭で「卓上塩」と「調理塩」の「きき酒」ならぬ「きき塩」で味比べをしましたところ、卓上塩もまた違った味わいでかなりおいしかったので、今回は下記の卓上塩をお土産に買いました♪

糸島のまたいちの塩

大体1時間ちょっとはこちらで遊べます♪

少しだけ足をのばしても食べる価値は十分にあります。

デートにも最適です♪

★またいちの塩 工房とったん★
・福岡県糸島市志摩芥屋3757

・092-330-8732

他にもデートにピッタリなおしゃれカフェは下記でご紹介しています♪

糸島のパームビーチでサンセットデート!インスタ映えする絶景カフェ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ