白糸の滝のある糸島でヤマメ釣りとそうめん流し!アクセスと駐車場!

糸島の観光スポット白糸の滝から見た糸島市街

白糸の滝は福岡市の中心地である天神から車で40分程の距離に位置する糸島にあります。

糸島はゴールデンウィーク夏休みお盆休み、お正月などの連休期間になると、福岡県外からも多くの観光客が足を運ぶ人気のエリアですが、そんな糸島の中でも1,2を争う人気の観光地が「白糸の滝」。

今回は、糸島の人気観光スポット「白糸の滝」に行ってきましたので、見どころやアクセス情報、駐車場情報などをご紹介いたします。

スポンサーリンク

白糸の滝は糸島を代表する観光スポット!

糸島は福岡有数の観光スポットで、きれいな「海」が特に有名ですが、実は糸島には山エリアにも自然豊かで風光明媚なすばらしいスポットがたくさんあるんです。→糸島の観光スポット

白糸の滝は糸島のなかでも「山」の方にあります。

白糸の滝」は福岡県の天然記念物にも指定されており、年間約15万人が訪れる観光名所だそう。

山側に位置する白糸の滝に向かうルートは結構な勾配のある山道で、道幅もわりと狭く、普通自動車がなんとかすれ違えるレベルです。

想像よりも険しい。

車でも観光バスで行くのはまず無理な感じ。

この道は佐賀へと向かう道らしいですが、現地に到着するまでにかなり高い山を登る感じなので、その分到着すると異境感が半端ないです!

福岡市の市街地からたった40分程で、こんな大自然に来られるなんて、やっぱり福岡はいい所ですね~。途中ヤギとかもいました。たぶん飼ってるやつだと思います。

白糸の滝はヤマメはとっても美味しいですし、滝は綺麗だし、そうめん流しは楽しいし、なんだか思っていたよりかなりイケてます!

ではでは、早速レポートを。

白糸の滝とヤマメ釣り!

駐車場から1分ほど歩くとまずは綺麗な渓流が現れます。

白糸の滝と言えばヤマメ釣りが有名ですね。

もちろん今回のレジャーもヤマメを食べるのが目的の一つですが、滝の下流の入り口付近の滝つぼでは、子供たちが水遊びをしたり、ヤマメ釣りに歓声を上げる家族の姿が沢山ありました。

気温は28度でしたので、ヤマメ釣りを楽しむのにちょうどいい気候ですね~。

なんとものどかです。

糸島の白糸の滝でのヤマメ釣り

白糸の滝のヤマメ釣りは、1竿2,000円(釣竿レンタル・餌付)で4匹まで釣ることができます。もし、釣れなくても3匹もらえます!

釣ったヤマメは1匹100円で塩焼きに交換してもらえ、その場で味わうことができますよ♪

白糸の滝の清流はとてもきれいですからヤマメは臭みがなく、とっても美味しい。

アユよりも旨みが強くてgoodです!

糸島の白糸の滝の四季の茶屋でいただくヤマメの塩焼き

のんびりとしたいい雰囲気です。

駐車場より3分位歩きますと、程なくして白糸の滝が眼前に現れます。

白糸の滝は標高900メートルの羽金山の中腹に位置しています。

高さ24m・幅14mの岩肌を清らかな水が流れ落ちてきますが、これが予想していたより美しくて迫力があります!

激しすぎる滝という感じではありませんが、なかなかの迫力で、本当に厳かな感じがする美しい滝です。

水の流れ落ちる様が白い絹糸のように美しいことから「白糸の滝」と呼ばれるそうですが、実物を見るとなるほど、と納得です。

糸島市の白糸の滝

スポンサーリンク

この日は4月末日で九州は日差しもそこそこ強くなりつつある初夏らしいお天気でしたが、白糸の滝に近づくと、滝つぼの周りはマイナスイオンで溢れかえっていて、気温もそこだけ低くてかなり涼しかったです。

水しぶきがマイナスイオンをたくさん放出しているんでしょうね~、空気も抜群に美味しいですし、マイナスイオン浴び放題ですし、溜まっていた日ごろの疲れが一気に飛ぶような感覚でした。

連日のパソコン仕事で肩や肩甲骨の周りがガチガチに凝っていたんですが、自然の中でリラックスできるからか、肩こりも一気に解消されました。

白糸の滝は間違いなくパワースポットですね~。

自然あふれる憩いの場として親しまれているはずです。

木漏れ日によって優しく照らし出された滝の姿は、本当に美しく、滝の音も耳に心地よく、なんとも癒されました。

極楽です。

白糸の滝のそうめん流し!

白糸の滝と言えば、ヤマメ釣りの他にもう一つ流しそうめんが有名です!

白糸の滝に隣接する「ふれあいの里」という所で、釣り具を貸してもらってヤマメ釣りをしたり、「そうめん流し(5月~9月マデ)」を楽しむことができます。

そうめん流しは5月~9月まで開設していまして、1人前500円。

白糸の滝のすぐ側の「流しそうめん流しスペース」に設置された竹筒で楽しむそうめん流しはレジャー感満載です。

キリリと冷たい水でキュっと締まったそうめんを、ダシの利いたおつゆでいただけます。

1家族1レーン使えますから、気兼ねなく楽しめますよ♪

この日はまだ4月というのに気温が25度を超える夏日でしたので、多くの家族が流しそうめんを楽しんでいました。

なんとものどかな連休です。

糸島の白糸の滝でのそうめん流し

白糸の滝へのアクセスと駐車場

白糸の滝は、福岡の中心地「天神」から福岡都市高速を利用して西九州道の「前原東」(終点)まで約20分、「前原東IC」からは下道で約20分くらい走ると到着します。

駐車場は「白糸の滝 ふれあいの里周辺」「白糸バス停横」「熊野神社」に用意されており、合計で約200台停められます。

全て無料駐車料金ですよ!(観光地なのにすばらしい!)

以下は「白糸の滝 ふれあいの里周辺」の駐車場です。いずれの駐車場も白糸の滝まで徒歩3分圏内です。

糸島・白糸の滝周辺駐車場

有名観光地ということもあり、駐車スペースに余裕がありますので、私は今まで空車待ちで困ったという経験はありません。

ただし、夏休みシーズンは別。お盆休みなど、連休はかなり混みあうようです。

糸島の白糸の滝の空車待ちの渋滞

ハイシーズンの空車待ちの渋滞は、お昼時が一番ひどいと思います。

この時期に行く場合は、渋滞を上手に避けるために、例えば10:00頃には到着できるように少し早めに行くとか、逆に13:30ごろ到着するように少し遅めに行くなどして、多くの人の行動パターンと自分たちの行動スケジュールをずらすことがポイントです。

そうすれば幾分か渋滞を回避でき、ストレスなくスムーズに駐車し、観光や食事を楽しめますよ。

ゆっくりヤマメのランチを食べたい場合は、白糸の滝のすぐ横に位置する「ふれあいの里」で美味しい定食がいただけます。詳細は▼をどうぞ。

白糸の滝のふれあいの里でランチにヤマメとそうめんを食べたよ!

福岡にはかなりオススメの観光地として光の道が美しい宮地嶽神社がありますが、白糸の滝も負けないくらい良い所でした。

福岡のおすすめの観光スポットは▼でもご紹介していますので、よろしければどうぞ。

福岡旅行のカップルにおすすめ2泊3日完璧コース!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ